カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハナビラタケの乾燥テスト

ある新商品開発にむけて、ハナビラタケの乾燥テストを繰りかえしていますが、なかなかうまくいきません。
        
きっちりと水分をとばして乾燥すると、固くなりすぎてかみにくくなってしまいます。
脱水が中途半端だと、食感はいいのですが、日持ちの問題がでてきます。
      
保水性が高くて独特の物性を有する「ベータグルカン(βグルカン)」が、ハナビラタケの乾燥ではいい方向に働いてくれないのかもしれません。
        
2,3、新しいアイデアがあり、それを試しているところです。ベータグルカンをうまく乾燥させる技術がみつかれば、新商品にも使えると思います。

台風に備えて

大型台風が近づいてきて、風が強まっています。
台風に備え、今日は工場の戸締りをいつも以上にきっちり行い、発送手配も早めにすませる予定です。
        
ハナビラタケは、工場の1階と2階で栽培しているのですが、台風が来るときは、屋根が吹きとばないか、いつも心配になります。頑丈に作っているので、大丈夫だと思うものの、常にチェックと心構えが必要です。
        
私事になりますが、もっと心配なのが自宅です。
武家屋敷を改装した、平屋建ての木造建築で、多少の雨もりは覚悟しないといけないでしょう。
子供のころ、家の前にはえていた樹齢500年ほどの大木が台風で倒れ、自家用車がペシャンコになったこともありました。幼いながらも、ショックでした。
      
ハナビラタケベータグルカン(βグルカン)の進めている実験もあるので、後片付けをきちんとして、備えたいと思います。

台風の中、ハナビラタケ取材

昨日は、台風の中、某新聞に取材いただきました。

ハナビラタケについて、見つけたときの経緯、研究について、βグルカン(ベータグルカン)のこと、食材としての魅力、商品開発の展開、などインタビューしていただきました。

今年は、ハナビラタケ新商品の発売やベータグルカン研究の発表をはじめ、話題になりそうなことを進めているので、メディアで取り上げていただく機会もあるかと思います。

いずれにしても、台風の中、ご足労いただいた記者の方には、感謝申し上げます。

ハナビラタケと医療

はなびらたけパウダー」を使っていただいている方から、ご友人などを紹介してくださることがよくあります。
健康を実感され、それを他の方にも勧めていただいているということで、とても嬉しく思っています。
          
それと共に、使っていただいている方のかかりつけの医師が、ハナビラタケに興味をもたれることもありました。医療行為とあわせ、ハナビラタケを使うことで、さらに良い成果がえられるのではないか、とお考えの医師もいらっしゃるのです。

医師の中には、ベータグルカン(βグルカン)のことを深く理解されている方もいらっしゃるので、ハナビラタケのベータグルカン含有量に着目されるケースもあるようです。
           
大学との共同研究と並行し、こういった医師の方との連携も深めていければと思っています。

ハナビラタケを中華料理に

今月、中華料理界のイベントで、ハナビラタケを食材として扱っていただきます。
               
日本国内の中華料理の有名シェフが、一同に会するイベントということで、一般の方は参加できないようです。
業界のプロによる親睦・情報交換をかねたような集まりなのでしょう。
          
どういうふうにハナビラタケを使っていただくのかもわからないのですが、料理の鉄人クラスのトップ・シェフも来られるそうで、楽しみにしています。
とはいえ、私も参加できず、場所が北海道ということもあり、電話などで様子を確認するしかありません。
          
情報入れば、ご報告します。

きのこ季節、到来

今週に入ってから、涼しくなってきました。

これから秋が深まるにつれ、きのこの季節も到来。

私たちは、きのこ栽培の実験もかねて、山林に土地を所有しています。そこだけでも、秋シーズンは様々なきのこをみることができます。

折をみて、旬のきのこをご紹介していきますね。

最初にハナビラタケをみつけた地、「三輪山」にもチェックに行く予定です。

犬や猫が感じるハナビラタケの味

愛犬や愛猫のために、ハナビラタケをお求めいただくことが増えています。
中には、
「愛犬の食欲が落ちているみたい。」
「はなびらたけパウダーを混ぜると猫が食べてくれない。」
などと連絡いただくことも多々あります。
           
ハナビラタケは、犬や猫の口にあわないのかな?と思い、調べてみました。
        
       
私もはじめて知ったのですが、犬や猫って味覚が人間よりも劣っているみたいですね。
「味蕾(みらい)」といって、舌先などにある味を感知するセンサーの数が、犬も猫も人間の1/5ほどしかないそうです。
また、犬は「旨味」を感じることができず、猫は「甘味」もわからないとのこと。
        
私自身、犬も猫もかっていましたが、それなりに好き嫌いはあった気がするので、味覚が劣っているとは意外です。
       
     

不思議に思い、さらに調べてみると、犬や猫の好き嫌いには、「匂い」が深く関係していることが判明しました。
そういえば、犬・猫は、目新しい食べ物とであったときに、クンクンと匂いチェックをしてからかぶりつきます。
        
      
はなびらたけパウダー」の味は、「旨味」「甘味」「酸味」「苦味」が混ざっています。「旨味」が最も強く、「甘味」もそれなりにあるため、私たち人間にとっては、飲めない・食べれないという程の嫌な味ではありません。
        
でも、犬や猫は、「旨味」「甘味」が感じられず、「酸味」「苦味」だけが舌をおそい、さらに、「きのこ特有の香り」が肉食動物である彼らに合わないのかもしれません。
       
これを機に、もう少し研究をすすめ、犬や猫に喜んで食べてもらえるうえに、ヘルシー・安全安心なベータグルカン(βグルカン)製品づくりにつなげていけるよう、取り組んでいこうと思います。

きのこ工房の所在地

ハナビラタケなどを栽培している、私たちのきのこ工房の場所をご紹介します。
        
「奈良県磯城郡三宅町」、奈良の北中部に所在しています。
最寄駅は、JRが大和路線の「法隆寺駅」・近鉄線が「結崎駅」もしくは「石見駅」です。
三宅町は、面積が小さく、人口も少ない田舎です。昔ながらの町家風の家屋がならぶ集落であり、緑が多い土地柄でもあります。
      
聖徳太子が、飛鳥から法隆寺にとおったとされる道「太子道」があり、太子ゆかりの様々な伝説が残っています。
           
このところ、ハナビラタケについて、奈良や大阪から直接話を聞きに来られる方も多数いらっしゃいます。
いつでも構いませんので、お気軽にお問い合わせいただければと思います。

ハナビラタケ・ピューレの用途

ハナビラタケに水をくわえ、ジューサーなどで砕くと「ハナビラタケピューレ」ができます。
      

           
はなびらたけパウダー」は、このピューレを乾燥させ、まるごと粉末にしたものです。
       
ハナビラタケピューレには、他にも様々な用途があります。
例えば、スープやソースに少量まぜる、もしくはこれらのベースと捉えて調理すると、ダシとトロミがでて、とても美味しくなります。
       
また、花びらそうめんをはじめ、小麦粉など粉ものとミックスすると、モッチリ・しっとりの面白い食感がうまれます。
このトロミや新食感の効果は、多量に含まれるベータグルカン(βグルカン)のタマモノ。ベータグルカンの特徴を活かした商品開発や共同研究も進めているところです。
        

ハナビラタケ、海外からの問い合わせ

はなびらたけパウダー」をはじめ、ハナビラタケ・サプリメントについて、海外からの問い合わせも複数いただいています。

業者さんからの引きあいですが、ベータグルカン(βグルカン)について、国際的な注目度が高まっているためか、天然ベータグルカンということで興味をもたれているようです。

海外への展開については、慎重に進めていきたいと考えています。国内外を問わず、できるだけ多くの方にハナビラタケをお試しいただきたいと思っていますが、日本とは異なるカルチャーやルールを介しての取引となるため、様々な情報収集を行わなければなりません。

私たちは、インターナショナルにつながりをもちながら、社会に貢献していきたいとも考えているので、良いご縁があればと考えています。

健康で気をつけていること

私事で恐縮ですが、私自身の健康方法をご紹介します。

基本的には、食事・睡眠・運動・リラックス、と普通にいわれていることを実践しています。

以前にご紹介した「野菜・きのこから食べる」が最近のマイ・ブームです。スタートしてから1ヶ月ほどですが、無駄な肉がおちて、身体のキレが良くなったように思います。

ちょっと変わったことというと、寝ている間、口にテープをしてふさいでいます。元々、気管支が弱くてカゼをひきやすく、アレルギー性鼻炎や喘息の持病もあるため、寝ているときも鼻呼吸になるようにです。

家族には変人がられていますが、私にとっては効果テキメンで、まったく体調を崩さなくなりました。

そして、これは趣味でもありますが、ちょっとでも時間のスキマができたら、体を動かします。3分でも時間があれば、走ったりテニスの素振りなどをして、運動しない日を作らないようにしています。

もちろん、ハナビラタケも。ベータグルカン(βグルカン)で健康維持を心がけています。

料理を作ることが好きなので、隠し味としてはなびらたけパウダーをいろいろと使っています。

ハナビラタケのスイーツ・パスタ・カレー

この秋、新たにコラボ商品を発売する予定です。
ハナビラタケのスイーツ・パスタ・カレーあたりを予定しています。
            
ハナビラタケベータグルカン(βグルカン)は、健康についてよく知られていますが、食品に練り込んだり具材として使ったときに、独特のおもしろい食感を付与します。
             
詳しいことは、おってお知らせします。

インドネシア・タイへ

明日から5日間ほど、海外へ行ってきます。行先は、インドネシアとタイです。

ハナビラタケベータグルカン(βグルカン)について、東南アジアからも問い合わせをもらっているので、訪問することにしました。

このところ、まとまった休みをとっていなかったこともあり、リフレッシュしてこようと思います。

そういうわけで、このコーナーの更新は1週間近くストップすることになりそうです。

東南アジアから帰ってきました

本日、東南アジアから帰ってきました。

バリ島・バンコクに滞在し、思いのほか、珍道中となりました。

きのこ・ハナビラタケベータグルカン(βグルカン)、それぞれについて、良いヒントや進展がえられたと思います。

明日以降、旅のご報告をしていきます。

バリ島きのこ事情

バリ島では、バリ固有の文化と自然の残る「ウブド」に2泊、リゾート・ビーチ沿いの「クタ地区」で2泊、滞在しました。
     
最初に訪れたのは、ウブド。
旅立ち前に想像していたのは、森の素朴な村。
でも、現実は、少し違っていました。
お店がのきをつらね、タクシーや二輪バイクがところ狭しと走り回り、歩く度にタクシードライバーや店の客引きに声をかけられる、そんな街でした。
それでも、森に囲まれていることには違いなく、現地人は確かに素朴さを残しているし、街から少しはずれると美しい田園が広がっています。
想像とはちがっていたものの、「ウブド」のことはすぐに好きになりました。

    

バリ島にハナビラタケを展開したい、というオファーがあるため、その下見もかねた旅です。        
ほとんどの人が英語を話せ、1日タクシーを貸しきっても5千円ほど。2泊しただけでしたが、バリ料理を楽しみつつ、伝統文化にふれ、森を歩いてきのこ探しもしましたし、現地人から日常生活やきのこ事情まで、聞くことができました。


        
ウブドを十分に満喫できました。

バリと日本の似ているところ

バリ島、特にウブドと日本は似ているところがあるな、と感じました。日本の中でも、私の地元・奈良のように田舎に近い要素があると思います。

一つは、人の良さ。もちろん、観光客からぼったくりを企む人もいますが、概ねどこに行っても親切だし、温かみがありました。

ウブド在住の地元民によると、コミュニティや親戚の付き合いが深いそうで、私が生まれ育った集落とよく似ているなと思いました。

自然の豊かさ、そして共生しているところも奈良と近いところでしょう。

ウブドの自然景観は本当に美しく、文化的なモニュメントや建築が残っており、私にとっては懐かしい感じさえしました。宗教的な背景もあり、人々が自然に畏敬の念をはらっており、とても共感できました。

         

文化的にも、よく似た面があって驚きました。

例えば、伝統のバリ舞踊は、表情のつくりかた・動きが日本の歌舞伎を想起させます。

実は、バリから日本に帰ってきた後、9月23日に大阪松竹座で市川團十郎・海老蔵の歌舞伎をみてきたのですが、バリ舞踊と似ているなあと強く感じました。

日本人と比べると、随分ノンビリしていますが、マジメだし、私たちにとって親しみやすい地域だと思います。

バリ島でのアクシデント

バリ島での残り2日間、森から海へ移動することもあり、またちがった楽しみ方ができるとワクワクしていました。
残念ながら、それはかなわず、待っていたのは思いがけないアクシデントでした。

        
ウブドからバリ島の西海岸、クタ地区のスミニャクへ。
開放的なビーチリゾート地域です。
私は、奈良育ちということもあって、緑あふれる自然に落ち着きを感じますが、逆に奈良にはない海にもあこがれがあります。
宿からしばらくショッピングストリートをブラブラし、いよいよビーチにでようとした最中・・・
急に体が動かなくなりました。手足がしびれ、寒気すらします。
     
どうやら、食あたりをおこしたようです。
ナシゴレン・ミーゴレンをはじめ、スープ・デザートにいたるまで、現地料理を食べつづけていたのですが、どれも美味しく、調子にのりすぎたのかもしれません。朝に食べた生フルーツの丸かじりか、見た目あやしいきのこスープあたりが元凶のように思いますが、さだかではありません。
           
いずれにしても、40℃以上の発熱と下痢で、バリ島での残り期間は寝て過ごすことになりました。。

バンコクへ

一晩寝て、何とか熱はさがり、フラフラになりながらもバンコクへ移動しました。
         
バンコクは、東南アジアの中でも急速に発展をとげている都市です。        
東南アジアの途上国として、特に注目を集めているのは、タイ・インドネシア・マレーシア・シンガポールの4ヶ国。その中でも、バンコクは、中間層以上の人数が多いことで注目を集めています。
        
実際、この4ヶ国でベータグルカン(βグルカン)を求める人たちがいるそうで、特に、バンコクではその割合が高いと聞きました。
ハナビラタケを東南アジアに展開する拠点の一つとして、バンコクを訪問した次第です。
           
      
バンコクに来てまず最初に驚いたのは、タクシーの多さです。走っている車の80%はタクシーではないでしょうか。
観光できたのは1日だけでしたが、ドライバーとの価格交渉も旅の醍醐味として楽しみながら、主要スポットをめぐりました。

お腹の調子は、変わらず悪かったのですが、バンコクでタイ料理を食べないわけにはいきません。辛すぎるものは避けつつ、最大限、バンコクでの1日を楽しみました。

最近のメディア掲載

ハナビラタケについて、メディアで取り上げていただいています。
9月22日(水)の「産経新聞」と「中小企業 魅力情報誌」に掲載いただきました。
      
他にも、いくつか取材依頼が入っていますので、後日、まとめてご報告します。

10月からクーカルがはじまります

昨年に引き続き、今秋も「クーカル」イベントにてハナビラタケを食材として取りあつかっていただきます。
         


前回は、美味しいことはもちろん、意外性のあるハナビラタケ料理を一流シェフの皆さんに発案いただきました。
       


今回、どのような料理に仕上がるか、楽しみにしています。詳細は、ご報告します。

ハナビラタケを見つけたのは今頃です

私たちのハナビラタケは、古代からの神山「奈良・三輪山」で見つけた、「やまと花びらたけ」です。
         
1995年のちょうど今頃、三輪山の麓、松の切り株に生えていました。

     
はじめて見つけてからも、ハナビラタケとの再会を期待して、毎年、現場に足を運んでいますが、残念ながら出会えていません。
今年もそろそろ探しにいこうかと思っています。

ページトップへ