カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン(βグルカン)と他の健康素材

天然ベータグルカン(βグルカン)サプリ、としてお届けしているハナビラタケ100%粉末「はなびらたけパウダー」。
         
お客さまの中には、「はなびらたけパウダー」と、他の健康素材とを併用されていることがあります。
        
その場合、
ハナビラタケと○○○を併用しても大丈夫ですか?」
といった質問や
「○○○とベータグルカンは、どちらが効果的ですか?」
というようなお問い合わせもよくいただきます。
      
そこで、ベータグルカン以外の健康成分・素材・商品について、ベータグルカンと比較しながら見ていきましょう。

ベータグルカン(βグルカン)とフコイダン

ベータグルカン(βグルカン)と、よく比べられる素材として、「フコイダン」が挙げられます。
         
フコイダンは、昆布・わかめ・メカブ・モズクなど、海藻類に含まれる多糖類の1種。ナマコなど海生動物からも見つかっているようですね。
          
私たちにとって、身近なフコイダンといえば、海藻のネバネバ。粘着質の正体が、フコイダンであったりするそうです。
         
          
ベータグルカンとフコイダンは、結果として同じような健康効果を示すようですが、作用機構が異なります。
また、一言でフコイダンといっても、さまざまな種類や加工方法があり、選択が難しいところですね。

ベータグルカン(βグルカン)とフコイダン 質問より

ベータグルカン(βグルカン)とフコイダンについて、以前に次のような質問をいただきました。ご参照くださいませ。
              
●「ベータグルカンとフコイダンを併用しても構いませんか?」
         
併用していただいて結構です。
私たちの天然ベータグルカン・サプリは、食材としても使われているハナビラタケ100%粉末。自然食品のため、フコイダンなどとも安心してご利用いただけます。
            
●「ベータグルカンとフコイダン、どちらが優れていますか?」
           
ベータグルカンとフコイダンは、効果のメカニズムが異なっていることもあり、優劣をつけることはできません。
           
多くの研究が進んでいるのはベータグルカンですが、それだけで、ベータグルカンがより優れているとは言えないところです。
       
ただ、お互いが邪魔をしあうような関係ではなく、海藻の健康成分「フコイダン」、きのこの健康成分「ベータグルカン」として、ともに寄与することが期待できます。

ベータグルカン(βグルカン)とプロポリス

ベータグルカン(βグルカン)とプロポリスも、よく比較されます。
         
プロポリスは、ミツバチが集めてつくる粘着物質。植物の抗菌物質がベースになっているそうです。
      
どうして、ミツバチは植物の抗菌物質を集めてくるのでしょうか?
なんと、プロポリスを巣に塗ることで、雑菌の繁殖をふせぎ、巣の中を清潔に保つためだそうです。生命の神秘ですね。

ベータグルカン(βグルカン)とプロポリス 比較

ベータグルカン(βグルカン)とプロポリスは、ともに健康素材ですが、効果のメカニズムや健康特性は異なります。
               
プロポリスの抗菌性は、ベータグルカンにはない面白い特徴ですね。一方で、ベータグルカンの方が優れている点もあります。
         

それから、プロポリスとは異なりますが、蜂蜜は、ハナビラタケと相性がよい素材です。ハナビラタケに蜂蜜をつけて食べると、味や食感、喉ごしがさわやかで、美味しく召し上がっていただけます。

ベータグルカン(βグルカン)とローヤルゼリー

ベータグルカン(βグルカン)とローヤルゼリーも比べられることが、しばしばあります。
      
ローヤルゼリーは、女王蜂が食べる白いみつとして、よく知られている素材ですね。
幼虫時は、女王蜂も働き蜂も同じ。でも、女王蜂となる幼虫のみがローヤルゼリーを食べつづけ、働き蜂とはまったく異なる能力をもつにいたります。
        
女王蜂と働き蜂を比べると、体の大きさ2〜3倍、寿命30倍、女王蜂のみ毎日1,500個の卵を産みつづける、ということで、驚きですね。
      
実際、ローヤルゼリーには様々な栄養成分がふくまれ、健康に寄与するという報告があります。

ベータグルカン(βグルカン)とローヤルゼリー(2)

ベータグルカン(ベータグルカン)とローヤルゼリーを比べる必要はないと思われます。
         
ベータグルカンとローヤルゼリーは、特徴が異なりますし、足を引っ張りあう関係ではないためです。
         
ハナビラタケとローヤルゼリーは、「幻のきのこ」「女王蜂の食べもの」ということで、夢のある素材といえそうですね。

ベータグルカン(βグルカン)とエキナセア

ベータグルカン(βグルカン)の健康関連で、エキナセアをご紹介します。
      
あまり、私たち日本人には馴染みのない素材かもしれませんね。
      
エキナセアは、北米原産・キク科の多年草。アメリカ先住民が、ハーブとして使ってきたものです。近年、科学的にも健康効果が報告され、注目を集めています。
         
ハナビラタケやベータグルカンとエキナセアの健康関係も、これからわかってくるかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)とサメ軟骨(コンドロイチン)

サメ軟骨(コンドロイチン)も、ベータグルカン(βグルカン)と比べられる健康素材です。
         
コンドロイチンは、関節の軟骨などに含まれている成分。サメをはじめとした、魚から抽出されたサプリメントが販売されていますね。
         
コンドロイチンは、ヒアルロン酸・コラーゲン・たんぱく質などと共に、軟骨のクッション作用を担っています。
        
サメ軟骨も、コンドロイチンを豊富に含む素材。ベータグルカンと同じような健康報告がなされています。

ベータグルカン(βグルカン)と亜鉛

ベータグルカン(βグルカン)と無関係とは言えない成分に「亜鉛」があります。
            
亜鉛は、欠乏により様々の健康障害がおこるとされている、必須ミネラルの一種。レバーなどに多く含まれています。
       
亜鉛の欠乏に注意が必要ですが、取りすぎもNGとのこと。
       
亜鉛の不足や過剰により、ベータグルカンの健康維持にもマイナスの影響を及ぼすかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)と有機ゲルマニウム

私自身、ゲルマニウムを知ったのは、最近のことです。
「ベータグルカン(βグルカン)と有機ゲルマニウム、併用しても良いですか?」
と質問いただいたことがきっかけでした。
          
ゲルマニウムは、サプリメントとして販売されている一方で、安全性への不安も言及されていますね。
          
判断の難しいところですが、安全性から、ハナビラタケベータグルカンとともにお勧めすることは出来ない素材、と感じています。

ベータグルカン(βグルカン)とノニ

ベータグルカン(βグルカン)とノニについてです。
「ノニ・ジュース」などとして、よく知られていますね。
      
インドなど南国で育つ低木からとられる素材です。元々は、ポリネシア諸島で万能薬として使われていたそうですね。
      
ハナビラタケベータグルカンとノニを併用されている方も、結構いらっしゃいます。ベータグルカンとノニは、お互いが邪魔をするようなこともなさそうなので、良いのかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)とブロッコリー・青汁

ベータグルカン(βグルカン)とブロッコリーやキャベツなど、アブラナ科野菜も良い取り合わせではないでしょうか。
        
最近、ブロッコリーから健康成分が見つかったという報告もあります。どの程度スゴイものなのか、これから解明されるでしょうが、ベータグルカンとの関係も気になるところです。
     
ブロッコリーのサプリや青汁なども含め、ハナビラタケ・ベータグルカンと取り合わせることも、健康にプラスかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)とキノコ菌糸体

ベータグルカン(βグルカン)とも関係深い、「キノコ菌糸体」ってご存知でしょうか?

キノコは、土や木の中で成長し、子孫をのこすステップになると私たちに顔を出すようになります。この顔を出した状態のものを、私たちは「きのこ」として食べるわけですね。ハナビラタケも同じです。

       

一方で、キノコが土や木の中で成長しているステップでは、根のような細い糸を張り巡らしています。その細い糸状のものが「菌糸体」です。

         

「キノコ菌糸体」も、健康維持に役だつということで、さまざまなサプリメント・健康食品が販売されています。

そして、「キノコ菌糸体」の主な有効成分も、ベータグルカンであったりするわけですね。ハナビラタケほどのベータグルカン量を含むわけではありませんが、キノコ菌糸体にも相応の成分があります。

ベータグルカン(βグルカン)とキノコ・キトサン

ベータグルカン(βグルカン)とキノコ・キトサンは、まさにタッグを組むような関係です。

キノコ・キトサンについては、ダイエットなどでも知られていますね。

ベータグルカンとキトサンは、キノコの細胞壁をつくる成分として、お互いが連結しあっています。

          

ハナビラタケには、ベータグルカンに加えて、キトサンも5%程含まれています。ベータグルカンとキトサンは、健康についての関係もこれから明らかにされていくことでしょう。

ベータグルカン(βグルカン)とヒアルロン酸

ベータグルカン(βグルカン)は、ヒアルロン酸と比べられたこともあります。
     
ベータグルカンとヒアルロン酸についても、「美容」の比較。コラーゲンは、ハナビラタケやベータグルカンを食べてのお話ですが、ヒアルロン酸との比較は、化粧品につながる方です。
      
ベータグルカンは、保湿性が高い、という特徴をもっています。その点で、ヒアルロン酸とともに、評価されているのですね。
      
そのうち、ハナビラタケ・ベータグルカンの化粧水などが出てくるかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)とコラーゲン

ハナビラタケやベータグルカン(βグルカン)は、コラーゲンにも関係しています。健康というより、美容がテーマになりますね。
       
私たちの美容に関係が深い成分コラーゲン。皮膚のタンパク質として重要です。
      
ハナビラタケベータグルカンは、美容にも関与しています。

ベータグルカン(βグルカン)とウコン

ウコンは、飲酒対策とかのイメージで、ベータグルカン(βグルカン)と関係なさそうに思われるかもしれませんね。
        
それが意外と無関係ではありません。
ハナビラタケ・ベータグルカンとウコンは、健康維持の点で似たような一面もあるのです。
       
ハナビラタケベータグルカンは、広く健康維持に貢献してくれる素材ですね。

ベータグルカン(βグルカン)と大豆イソフラボン

大豆の健康成分「大豆イソフラボン」。ハナビラタケ・ベータグルカン(βグルカン)との相乗効果が報告されています。
        
大豆は、「大豆イソフラボン」「アルギニン」「グルタミン」など、ベータグルカンと相性のよい成分の宝庫。
     
そう考えると、大豆自体がハナビラタケベータグルカンと相性抜群と言えますね。
        
食品の中でも、大豆は、ハナビラタケ・ベータグルカンに一押しです。

ベータグルカン(βグルカン)と発酵食品

ブームになっている発酵食品。ベータグルカン(βグルカン)とも相性が良いのではないでしょうか。
         
実は、発酵食品につかわれる「麹菌」にもベータグルカンが含まれています。「麹菌」は、きのこと同じ真菌類の一種。きのこの親戚とも言えます。
       
私たち日本人にとって身近な発酵食品とともに、ハナビラタケ・サプリも日常に摂りいれることは、健康にプラスですね。

ベータグルカン(βグルカン)と植物性乳酸菌

植物性乳酸菌も、ベータグルカン(βグルカン)と良い関係です。
       
キムチなどにも含まれる植物性乳酸菌。
        
最近では、植物性乳酸菌も生きたまま腸に届かせる、という技術が開発されているようです。
       
ハナビラタケ・ベータグルカンと植物性乳酸菌の併用もお勧めできます。

ベータグルカン(βグルカン)と乳酸菌・ビフィズス菌

乳酸菌やビフィズス菌、いわゆる善玉菌の健康については、よく知られるようになりましたね。ベータグルカン(βグルカン)とも、乳酸菌・ビフィズス菌は相性がよいと考えられます。
        
もちろん、ヨーグルトなどを日常にとることは、健康的ですね。加えて、「生きたまま腸に届く」という乳酸菌は、より良いことでしょう。
通常、乳酸菌は胃酸によって死んでしまいます。
生きて腸に達すると、腸内で増殖しながら活動してくれますからね。
         
乳酸菌+ハナビラタケ・ベータグルカン、続けることをお勧めします。

ベータグルカン(βグルカン)とアガリクス(2)

ベータグルカン(βグルカン)について、劣っているアガリクスは、健康に寄与できないのでしょうか?
      
そういうワケではありません。
      
アガリクスは、ベータグルカン以外の成分で健康維持を発揮する、ということがわかってきました。
       
つまり、ハナビラタケとアガリクスは、有効成分が異なるということが言えそうです。
      
ベータグルカンとアガリクスも、敵対するものではなく、補完しあうような関係なのかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)とアガリクス

アガリクスは、ベータグルカン(βグルカン)健康素材として知られているキノコですね。
         
ただ、販売各社が強調し、一般的にもイメージされているような「アガリクスの健康成分=ベータグルカン」というのは誤りであることがわかってきました。
      
アガリクスは、ベータグルカン含有量が多いタイプのきのこではありません。加えて、アガリクスのベータグルカンは、健康に有用ではない、ということも報告されています。
        
ハナビラタケとアガリクスのベータグルカンを比べると、含有量も有効性も、ハナビラタケの方が圧倒的に上回っています。

ベータグルカン(βグルカン)とグルタミン

ベータグルカン(βグルカン)と健康への関わりがあるとされる、2つめのアミノ酸が「グルタミン」です。
         
グルタミンも、サプリメントなどとして販売されているアミノ酸。ハナビラタケベータグルカンとも、お勧めできます。

ベータグルカン(βグルカン)とアルギニン

ベータグルカン(βグルカン)の健康に関連すると思われる、2つのアミノ酸があります。
     
一つめが、「アルギニン」。大豆などに含まれているアミノ酸です。
いろいろなサプリメントやスポーツドリンクにも含まれているため、ご存知の方が多いかもしれませんね。
          
ハナビラタケベータグルカンとの相性もよく、お勧めできるアミノ酸サプリです。

ベータグルカン(βグルカン)とレイシ

ベータグルカン(βグルカン)とレイシ(霊芝)について、ご紹介します。

古くから、中国で親しまれてきた漢方薬素材「レイシ」。中華系の人々の中で、知らない人がいないくらい、深く親しまれています。

         

近年、「レイシ」の健康について科学リサーチが行われるようになりました。謎であった、「レイシ」健康の秘密があきらかになってきたのです。

結果、「レイシ」の主な有効成分もベータグルカンとされています。ベータグルカン含有量は、ハナビラタケに及びませんが、他の有効成分もふくめ、「レイシ」健康の秘密が、さらにわかっていくことでしょう。

ベータグルカン(βグルカン)とβカロテン

ベータグルカン(βグルカン)と同様、βカロテンも健康維持にかかわる成分です。
体内でビタミンにかわり、粘膜を強化することなどが知られているβカロテン。ビタミンAの前駆体で、緑黄色野菜に含まれています。
      
βカロテンとベータグルカン(βグルカン)、野菜とハナビラタケなどキノコ類を積極的にとることをおすすめします。

ベータグルカン(βグルカン)とアリシン

ベータグルカン(βグルカン)と同じく、ヘルシーな天然成分として、アリシンがあります。
       
アリシンは、ニンニクやネギなど、鼻につんとくる正体。
抗菌作用もあるとのことです。また、ビタミンB1の吸収を助けるなど、疲労回復にもよい成分。
         
ただ、あまり安定な成分ではないようで、加熱調理により、分解してしまうそうです。この点は、ベータグルカン(βグルカン)と違いますね。
そういえば、ネギなど加熱により鼻につんとこなくなりますね。
        
ちなみに、ハナビラタケも豊富に含まれるベータグルカンの特性からか、加熱調理に強い素材です。ハナビラタケは煮崩れしませんし、ベータグルカンが分解されることもありません。ハナビラタケを粉末にする際、熱により水分を飛ばしますが、ベータグルカンなど有効成分が壊れることはない、ということですね。
        

ベータグルカン(βグルカン)とイソチオシアネート

ベータグルカン(βグルカン)とその他の健康成分をご紹介するシリーズ、イソチオシアネートについてです。
大根などアブラナ科野菜の辛味成分として知られるイソチオシアネート。殺菌や傷ついた細胞を修復するパワーがあるそうです。
         
そういえば、ハナビラタケと大根をつけあわせた料理をある料亭でいただいたことがあります。ハナビラタケと大根の食感バランスがよく、美味しかったです。ハナビラタケ・ベータグルカンと、大根・イソチオシアネート、健康面での相性も良いかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)と硫化アリル

ベータグルカン(βグルカン)と他の健康素材チェック、野菜が続いています。ちょっとマニアックになってきましたが、ここでは硫化アリルをご紹介しますね。
         
硫化アリルは、ねぎ・玉ねぎ・らっきょ・にんにく・ニラ、などに含まれる成分。これら素材の香りをになっています。
食欲増進・ビタミンB1吸収サポート・疲労回復やイライラ防止などが知られています。
            
野菜には、本当に様々なヘルシー成分が含まれていますね。ハナビラタケをはじめ、ベータグルカンたっぷりのきのこ類とは相違あるヘルシーさですね。

ベータグルカン(βグルカン)とシンゲロン

ショウガの辛味成分、シンゲロン。ヘルシーなイメージのあるショウガの有効成分ですね。
ショウガには、その他にも独特の成分があるものの、代表格はシンゲロンということです。
        
ハナビラタケ=ベータグルカン(βグルカン)、ショウガ=シンゲロン、両ヘルシー素材の代表成分といえそうですね。

ベータグルカン(βグルカン)とゴーヤ成分

ベータグルカン(βグルカン)以外の健康素材について、ゴーヤについてお話しします。
沖縄料理を代表する素材の一つ、ゴーヤ。すっかり有名になりましたね。
        
ゴーヤの成分の特徴、ビタミンCの多さが、まずは挙げられます。キャベツの2倍・トマトの5倍・キュウリの10倍のビタミンC含有量だそうです。ビタミンCは、加熱すると即こわれてしまうものですが、ゴーヤのビタミンCは比較的じょうぶなこともメリットですね。
         
もう一つ、モモルデシンという成分があります。ゴーヤ独特の苦味の正体。
        
ハナビラタケ・ベータグルカンとゴーヤ。以前、ゴーヤチャンプルにハナビラタケを入れてみたことがありました。ハナビラタケは炒めものとの相性がよく、ゴーヤチャンプルも例に漏れないと感じたものです。ハナビラタケ入りゴーヤチャンプル、ベータグルカンとの健康相性もふくめ、ぜひお試しください。
       

ベータグルカン(βグルカン)とリモネン

レモンの皮が健康によい、と聞いたことはありませんか?
どうやら、レモンをはじめとする柑橘類の皮にふくまれているリモネンが、その秘密を握っているようです。
            
ハナビラタケのベータグルカン(βグルカン)とも関係する健康ウンチクがあるようで、興味深いところですね。
        
ハナビラタケにレモン汁をかけて食べたことありますが、皮となると難しいところ。そういえば、お正月にお雑煮をつくりましたが、ユズ皮とハナビラタケを入れました。実は、ハナビラタケ・ベータグルカンとユズ・リモネンが合わさったヘルシー雑煮だったのかもしれませんね。

ベータグルカン(βグルカン)とペクチン

ベータグルカン(βグルカン)とペクチンについてお話しします。
ペクチンは、果物などの植物にふくまれる成分。ジャムを固める素材としても知られていますね。
          
ペクチンは、ベータグルカンと同じく、食物繊維です。腸内をよくするなど、健康でも知られています。
        
何年か前、ペクチンのかわりにハナビラタケ・ベータグルカンを使って、ジャムを作れないか、試したことがありました。
ベータグルカンとペクチンは、同じ多糖類・食物繊維とはいえ、物性が違うためか、ハナビラタケ・ベータグルカンでは、ジャムのような粘りのある固まりに仕上げられず。ハナビラタケのベータグルカンだと、ペクチンに比べると柔らかくなってしまいました。
           
いずれにしても、ペクチンもベータグルカンもヘルシーな成分といえますね。

ベータグルカン(βグルカン)とフラボノイド

柑橘類には、いくつかの健康成分が含まれています。
その一つがフラボノイド。
         
ベータグルカン(βグルカン)とフラボノイド、両方をうまくとることは、ハナビラタケ料理で可能となります。
        
ハナビラタケとレモン・みかんなど柑橘類は、味の相性が良好。ハナビラタケの旨みに柑橘類の酸味・甘さがマッチするようです。
       
ハナビラタケ料理を楽しみながら、ベータグルカンとフラボノイドで健康にもプラスになりそうですね。

ベータグルカン(βグルカン)とカロテノイド

ベータグルカン(βグルカン)と柑橘類について、カロテノイドも注目成分です。
        
他のページでご紹介したβカロテンもその1種。
        
ハナビラタケ料理に柑橘類をつかうことで、ベータグルカンとカロテノイドも合わせてとれそうですね。食事の一品としてはもちろん、ハナビラタケ+柑橘類は、デザートにも使えそうです。

ベータグルカン(βグルカン)とポリフェノール

ポリフェノール、ワインなどに含まれることで有名ですね。
比較的、色の鮮やかなものや、渋み・辛味のあるものに含まれているようです。
        
ベータグルカン(βグルカン)とポリフェノールも、相性がよいイメージですね。
      
日常でベータグルカンとポリフェノールを併せてとることも、いろいろな楽しみ方ができそうです。
例えば、ハナビラタケをソテーしながら、ワインをふり、アルコールを飛ばしつつ、塩コショウで調理するだけでも絶品。他にも、ハナビラタケと野菜・果物のバリエーションを考えると、ベータグルカン&ポリフェノールの組み合わせは、無限にありそうですね。

ベータグルカン(βグルカン)とジアスターゼ

大根や山芋にたっぷり含まれる酵素・ジアスターゼ。消化を助けるなど、話題になっていますね。
         
ハナビラタケ・ベータグルカン(βグルカン)とジアスターゼも併せてとれれば良さそうです。
          
ジアスターゼは、デンプンなどを分解するアミラーゼの一種。ベータグルカンなど、ハナビラタケの主要成分を分解するわけではありませんが、ハナビラタケ料理を楽しみながら、他の食材の消化もふくめ、健康にも寄与してくれることでしょう。

ベータグルカン(βグルカン)とカテキン

緑茶のヘルシー成分といえば、カテキン。抗酸化力など、注目されていますね。
          
ハナビラタケ粉末を、お茶に溶かして飲まれる方もたくさんいらっしゃいます。ハナビラタケのベータグルカン(βグルカン)と緑茶のカテキン、併せてとろう、と意識される方もいらっしゃるようです。
       
他の方法でハナビラタケを続けるにしても、緑茶も日常に取り入れることは良いかもしれませんね。
      
いずれにしても、ハナビラタケ・ベータグルカン+緑茶・カテキン、おすすめです。

ベータグルカン&ごぼう

ベータグルカン(βグルカン)は、食物繊維の1種。そして、食物繊維には、ベータグルカン(βグルカン)以外にも、いろいろあります。

食物繊維が豊富でヘルシーな素材として知られるものが、「ごぼう」。イヌリンという成分が特徴的です。

イヌリンは水溶性・食物繊維です。対して、ハナビラタケのベータグルカン(βグルカン)は、不溶性・食物繊維。性質が違う分、両方をあわせて取り入れることで、健康にメリットがあると考えられます。

母乳成分ラクトフェリンとベータグルカン

ベータグルカン(βグルカン)は、ミルクやヨーグルトに含まれている成分や菌と、健康維持について、関連するところがあります。
その中で、母乳に含まれる成分「ラクトフェリン」をご紹介しますね。
           
ラクトフェリンは、人間はもちろん、哺乳動物のミルクに含まれる成分です。赤ちゃんの健康維持に大切とされており、外部からの菌の侵入をふせぐなどの役割があります。
           
ベータグルカンは、主に成人〜シニアの方々に使っていただくことに対して、ラクトフェリンは乳児にとっても重要な成分ということですね。
         
余談ですが、ハナビラタケは乳製品との味の相性もバツグン。ベータグルカン+ラクトフェリンの、ヘルシー・メニューとしても楽しめます。

ページトップへ