カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

フランスきのこ その他

その他にも、フランスきのこで特徴的なものがあります。

日本でも知られれば人気が出そうなのは、「ジロール」。日本名:アンズタケです。まさに、アンズのようなフルーティな香りが特徴。見た目も小さなオレンジ色・黄色のかわいいきのこです。

「トランペット」も高級で人気のきのこ。黒いラッパのような外観で、見た感じは美味しそうに思いませんが、これも独特の風味です。

あと、私も好きな「タマゴタケ」。猛毒きのこ「テングタケ」の仲間ですが、幼菌のときの料理は絶品です。

そして、マイナーながら、食の都リヨンなどでは珍重される「ハナビラタケ」。現地では、「スパラシス」「カリフラワーマッシュ」などと言われているそうです。

まだまだ、日本人にはなじみがないけど、フランスでは好まれているきのこがあるようです。そのうち、そういうマニアックなきのこを巡る旅をしたいと思っています。

フランスの高級きのこ

フランスきのこの中でも、3大・高級食材とされているのは、トリュフ・セップ・モリーユです。

トリュフのことは、いわずもがなですね。強い芳香のある良質なものは、びっくりするほどの超高額で取引されています。

セップは、イタリア名「ポルチーニ」の方が有名かと思います。フランス料理では、ソテーにするなど、きのこの王様として扱われています。

モリーユの日本名は「アミガサタケ」。私たち日本人にはあまり馴染みがありませんが、日本でもお花見シーズンに、桜の木の下などで見かけるきのこです。ツクシが大きくなったような外観で、きのこだとは思わないかもしれません。モリーユの中に肉詰めした料理など、絶品です。

続きは、明日にご紹介します。   

フランスのきのこ達

私たち日本人は、きのこ好きな民族だといわれています。
どのスーパーでも、年中、何種類ものきのこが並んでいますし、信州などのきのこ産地では、さらに多くのきのこを見かけます。
      
海外に目を向けると、“親・きのこ国”といえるのは、中国・フランスあたりでしょうか。
      
今日のトピックは、フランスのきのこについて、お話しようと思います。
      
フランス人が好んで食べるきのこは、日本のものとは少し違っています。
代表格は「マッシュルーム」。フランス名「シャンピニオン」、欧米圏で圧倒的なシェアをほこります。現代では、シイタケ・ヒラタケなどもフランス現地のスーパーに並んでいますが、きのこ=マッシュルームというイメージは変わらないでしょう。
    
他のきのこは、“高級食材”のカテゴリーに入るものが多種あります。マイナーですが、ハナビラタケもその一つ。
日本人には馴染みのない、珍しいきのこもあります。
       
次回、マッシュルーム以外のフランス・きのこをご紹介します。

クーカル(Cu-Cal)イベントでハナビラタケ

九州にて、奈良食材を紹介するイベントの関連で、私たちのハナビラタケ(やまと花びらたけ)を使っていただきます。

「ニッポンを食で元気に」をスローガンとしたプロジェクト「クーカル(Cu-Cal)」のイベントです。

8月1日〜8月31日の期間とのことで、詳しいことを把握できていないのですが、どういう使い方をしていただくのか、楽しみにしています。

ちょうど他からも注文が集まっているので、あわてて生産量を増やしています。

詳しいことがわかったら、またご紹介しますね。

これから秋にかけて、色々なイベントで、ハナビラタケに声をかけていただいているので、それらも併せてご報告します。

ベータグルカンやハナビラタケのエキスについて

βグルカン(ベータグルカン)やハナビラタケのエキスを液体として、商品にしたものがあるかと思います。私は、これらの商品を疑問視しています。

「エキス」というと、通常は煮汁のようなものを指しています。ハナビラタケなど、きのこ・菌類について、煮だすだけではベータグルカンがほとんど出てきません。

また、菌体ごとそのまま砕いて「ピューレ」のような状態でエキスとして扱うこともあります。

私たちは、ハナビラタケ・ピューレを業務用素材として扱っているのですが、これはかなりトロミのある液体です。このトロミを除こうと思うと、ベータグルカンを分解する必要があり、それではベータグルカンの効果がなくなってしまいます。

つまり、ベータグルカンやハナビラタケのエキス商品・液体ドリンク商品は、十分なトロミがないと、健康に有効だと思えないのです。市販のエキス商品には十分なトロミがないように思いますので、どれだけ効果があるのか、不明なところです。

はなびらたけパウダー、お勧めの理由

私たちは、「ヘルシーきのこ」の中でも、ハナビラタケを一番お勧めしています。きのこ取組歴65年の私たちが、どうしてハナビラタケをイチオシしているのか、改めてお話ししたいと思います。

キッカケは、βグルカン(ベータグルカン)報告

私たちが、ハナビラタケに本格的に取り組んだキッカケは、「ハナビラタケには多量のベータグルカンが含まれる」という研究報告でした。1998年のことです。

全乾燥重量の40%以上がベータグルカン、という驚きの数値。他のきのこの3〜4倍もの含量です。元々、ハナビラタケ栽培の研究を行っていたので、それをカタチにすべく、さらに実験を進めました。

お客さまの健康が続くこと

実際に発売してから、お客さまから喜びの声をたくさんいただくようになりました。リピートの方の割合が高く、実際に健康を続けていただいています。

私たちが取りくんできた他のヘルシーきのこと比べても、ハナビラタケは、どれよりも良いものだと感じています。

ハナビラタケを犬・ペットに

ハナビラタケを、犬や猫などペットに与えてもいいですか?」という問い合わせを、このところ数多くいただきます。
     
体重5〜10kgのペットの場合、「はなびらたけパウダー」を毎月20gくらいずつ続けてもらえれば、効果が期待できるかと思います。
    
ただ、ペットの口に合わないケースもあります。
犬も猫も、鼻がきくために、ハナビラタケの香りを不快に感じる場合があるのかもしれません。
   
その場合は、「はなびらたけカプセル」をお試しいただければと思います。
    
   
将来的には、ペットでも食べやすく、十分なベータグルカン(βグルカン)量を含んだ、ハナビラタケ・ペットフードも開発しようかと考えています。
  
       
ハナビラタケ・ベータグルカン → ペットのために

7月にマツタケ?!

昨日、スーパーで国産マツタケが置いてありました。

マツタケというと、秋の食材というイメージのため、どうして7月に? と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

実は、マツタケは年に2回取れることがあるのです。

6月〜7月頃と秋、の2回。

きのこが出てくるのには、温度変化などの“スイッチ”が必要です。たまたま、そのスイッチが6〜7月に入ることもあるのでしょう。

とはいえ、マツタケは人工栽培ができないきのこです。

自然に生えているものを収穫するしかないので、時期も収量も限られ、高価にならざるを得ません。

そのうち、マツタケもフルシーズンの栽培ができるようになるんでしょ? ということもよく言われますが、簡単にはいかさそうです。

シイタケ・マイタケ・エリンギ、そして私たちが扱っているハナビラタケもそうですが、今まで栽培されているきのこと、マツタケでは根本的に違うところがあるためです。

「やまと花びらたけ」の会

近々、「やまと花びらたけの会」なるものを開催します。

奈良・三輪山のハナビラタケ「やまと花びらたけ」関係者・皆さまの集いです。

コラボレーションの各メーカー、共同研究の先生方、シェフ・パティシエの方々、奈良県の関係者、やまと花びらたけ・生産者、など、連携チームとして活動できればと思っています。

やまと花びらたけの会、また報告しますね。

ハナビラタケは披露宴など祭事で人気

どういうわけか今の時期、食材としてのハナビラタケ注文が増えています。

きのこシーズンの秋であれば、納得いくのですが、この季節に発注が多いのはなぜでしょうか?

どうやら、たまたま、披露宴など祭事ニーズが重なっていたようです。

私自身が参加した披露宴で、ハナビラタケがメニューに並んだことはありませんが、もし、出てきたら綺麗でインパクトがあって、印象に残るでしょうね。

奈良県内のハナビラタケ(やまと花びらたけ)取扱い店・有名どころは、フレンチ・ウェディングの「ヒルトップ・テラス」さん、イタリアンの「リストランテ・イ・ルンガ」さんなどです。

どちらも、かなり先まで予約で埋まっている人気店ですが、奈良にお住まいの方、観光などで来られた方はご予約の上、ぜひ「やまと花びらたけ」料理を楽しんでいただければと思います。

ベータグルカンきのこ「鹿角霊芝」

以前、奈良・柳生の里で「鹿角霊芝」をみつけたことがあります。

鹿角霊芝は、その名のとおり、鹿のツノのような形をしたきのこ。

漢方素材であり、近年はハナビラタケなどと共にベータグルカン(βグルカン)が多いことで知られています。

私たちは、この柳生で見つけた菌株を増やし、鹿角霊芝も栽培してきました。

鹿といえば私たちの地元・奈良ですが、そのつながりからか、鹿角霊芝はそれなりの人気きのこです。

もちろん、健康のことを期待されてもいるのでしょう。

他の種類の霊芝もつくっていますが、地元愛のせいか、私自身にとっても愛着のあるきのこです。

きのこダイエットについて

一時期、テレビなどで「きのこダイエット」が取り上げられたことがありました。

その影響からか、「きのこダイエットって効果があるの?」というようなことを聞かれることがあります。

私自身、実践したわけではないので、何ともいえないところですが、理にかなっているかもしれません。

食物繊維の豊富さ・低カロリー、が「きのこダイエット」のミソだと思います。

もちろん、きのこばかりを食べていると、栄養バランスが崩れますし、飽きてしまうことでしょう。

あくまで、野菜や豆類なども含めて、低カロリー・高食物繊維の食材の一つとして、料理を楽しみながらヘルシーなバリエーションを増やしていく、というスタンスが一番だと思います。

ベータグルカンを含む食品について

昨日・今日と、大阪に来ています。

奈良から大阪に行くときは、「JR大和路線」を利用するのですが、その途中から見える景色がとてもいい感じです。

渓谷の中をとおりぬけていく道程で、ちょっとした遠足気分でいやされます。

さて、大阪でお会いした方から、「βグルカン(ベータグルカン)を含む食品って、何があるの?」と質問されました。

今までも、よく聞かれるテーマでもあるので、簡単にご紹介します。

まず筆頭は、やはり「きのこ」です。

私自身の愛着から、イチオシしているというわけではなく、食品としては含まれているベータグルカン量が一番高いためです。

だいたい、どのきのこにも10%程度のベータグルカンが含まれます。

その中でも、ハナビラタケは40%以上と高含量で、お得な「はなびらたけパウダー」をオススメしている次第です。

他は、菌類に含まれる成分なので、味噌なんかにもあるのではないでしょうか。

味噌は、「麹菌」というカビにより発酵された食品です。

どれくらいのベータグルカンが味噌に含まれているかは、私も知らないのですが、麹菌のベータグルカンが少しはあることでしょう。

「大麦」も、ベータグルカンを含みます。

私も「麦ごはん」は好きで、小学校時代の給食で、たまに麦ごはんがでた時は、嬉しかった記憶があります。

5%ないくらいの量しか含まれていないため、ベータグルカン自体がどうこうというわけではありませんが、大麦がヘルシーな食材に違いないですね。

とはいえ、なかなか通常の食生活でベータグルカンを積極的にとるようなことは難しいといえます。

マメ知識ということで、ご理解いただければ幸いです。

「やまと花びらたけ」お届け企画

「やまと花びらたけ」を食べてみたい! というご要望をたくさんいただいています。

今のところ、一部のレストランやショップでしか販売しておらず、ご要望にお応えできずに申し訳ございません。

「やまと花びらたけ」は、シェフなどにも、他地方のハナビラタケより見栄えがするし美味しい、という評価をいただいています。

できるだけ良いものだけを食べていただきたい、という思いから、限定的に使っていただいています。

ハナビラタケ・つぼみ」は、大量生産が可能で、シェフには絶賛されていますが、見ためがややゴツゴツしているので、一般の方には不向きかもしれません。

いずれにしても、「はなびらたけパウダー」など、続けて購入していただいている皆さまに、いずれ、「やまと花びらたけ」をお届けする企画を予定しています。

楽しみにしていてください。

きのこ粉末

きのこを粉末にするとき、その粒の大きさに注意しています。βグルカン(ベータグルカン)は、お互いがくっつきやすい性質をもち、粒の大きさ調整には気を配らないといけません。

大きすぎると、お湯などに溶けにくくなります。

ハナビラタケ粉末も、当初は粒が大きいまま、ご提供していました。でも、残り粒が飲みにくいという声をいただいたので、改善を進めました。

現在、お届けしている「はなびらたけパウダー」は、粒径20μmほどです。

もっと小さい10μm、やや大きめの30μmも試しましたが、10μmでは小さすぎてダマになりやすく、30μm以上ではちょっと溶けにくい、という結果で20μmに落ち着きました。βグルカン(ベータグルカン)の効果を考えても、よい大きさでしょう。

はなびらたけパウダー」については、お湯やお茶・お味噌汁などに溶かして飲んでいただくことが多いものの、中には、パウダーを口に含み、水で流しこまれる方もいらっしゃいます。

その場合は、現在の細かいパウダーだと、喉につかえたり口の中でダマになったり、飲みにくさがあるかもしれません。

飲みにくいなあ、と感じた方は、他の大きさのハナビラタケ粉末もご用意していますので、お問い合わせいただければと思います。

ハナビラタケ お伝えできないこと、難しいこと

ハナビラタケの具体的なヘルシー効果について、どうして、何も記載しないのですか?」
ということを、よく質問されます。
 
これについて、お伝えしたいことは山ほどあるのですが、薬事法により、表現がかないません。ベータグルカン(βグルカン)が40%以上含まれるとか、その程度のことしかお伝えできないのです。
 
 
「なぜ、医薬品の認可を取得しないのですか?」という論調もあるかと思います。
 
何十億円、何百億円、という莫大な資金が必要となるうえに、ハナビラタケベータグルカンのヘルシー効果カテゴリーでは、取得することの難易度も高いと考えられます。
私たちのような小資本では、不可能に近いといえます。
 
それならば、お客さまへの価格負担を少なくするという意味においても、「はなびらたけパウダー」をお届けするほうが、健康に貢献できると考えている次第です。

はなびらたけ・ツボミ、形がくずれません

先日、「やまと・はなびらたけ」のツボミは、レトルト処理をしても形がくずれない、ということを聞きました。

商品開発をご一緒している方からの、お話です。

前々から、シェフの皆さんから、煮込んでもくずれないことをうかがっていましたが、加熱条件がかなり強くても、大丈夫なようです。

ハナビラタケをはじめ、きのこは加熱してやると、少しゆるんでしまうのが普通です。

ツボミの形が崩れないのは、βグルカン(ベータグルカン)含量とか、何かワケがあるように思います。ハナビラタケ・つぼみは、食感にも独特のものがりますが、これもベータグルカンが関わっているかもしれません。

まだはっきりしたことは不明ですが、この点も、新しい使い方の可能性がありそうな面白いところかもしれません。

きのこで社会貢献できること

よく、「きのこで、どんな社会貢献ができるか」ということを考えます。

いろんなことができると思っています。

すでに発売している、「はなびらたけパウダー」もそうです。

ハナビラタケ100%粉末の「ベータグルカン(βグルカン)・サプリメント」として、皆さまの健康に貢献できると思っています。

そして、安全安心でおいしいものや、新しい面白さのあるものをお届けできれば、様々な喜びにつながると考えています。

長いスパンで考えると、地域社会や地球環境に、還元していきたいです。

地元地域の皆さんとともに創りあげる活動、循環型プロジェクト、などプランをあたためています。

まだ具体的なことをお話しできなくて、申し訳ありませんが、少しずつご報告いたします。

ハナビラタケ、各きのこ、進めていきたいこと

コラボレーションで進めているハナビラタケ商品の試作が次々とあがってきています。

どれも面白いので、我ながら発売が楽しみです。

はなびらたけパウダー」は、スタートしてから6か月ほどですが、おかげさまで既に多くの方々から声をいただきました。

健康についての嬉しいご報告も多く、ヘルシーについては、ベータグルカン(βグルカン)の含有量といい、ハナビラタケ以上のきのこには出会えないだろうなあ、と感じています。

ハナビラタケは、他にない性質があるため、別格あつかいで地域の方々とともに、これからも進めていくつもりです。

他のきのこも水面下で進行中。

ハナビラタケとは違った特徴やベータグルカン以外の成分がそれぞれにあるので、「ヘルシー・美味しい・楽しい」展開ができればと考えています。

ラホツさんでの食事会

昨日、学生時代の友人が、奥様をつれて、東京から奈良にきてくれました。
奈良の食材をつかったタイ料理店「ラホツ」さんにて、食事会をおこないました。
 
ラホツ・スタッフの皆さんとは、奈良のイベントをご一緒するなど、なかなか深いお付きあいをさせてもらっています。
料理もおいしく、観光客・地元の皆さんにもオススメ。ハナビラタケ取扱いの料理店でもあります。

一号店のタイ料理店が奈良公園・奈良ホテル近くの高畑町に、二号店のケータリングショップが生駒真弓にあります。
 
近々、ラホツさんとコラボで、ハナビラタケ関連の商品も販売します。また、ご紹介させていただきますね。


友人夫婦との会話ももりあがり、とても楽しい会でした。


奈良できのこ探し

きのこを探しに、生駒山と矢田山にいってきました。

残念ながら、期待していたきのことの出会いはありませんでした。

ここ数年、自生するきのこが、予測しにくい状況のように感じます。

気候変動の影響でしょうか。

なかなか例年どおりというわけにはいきません。

今年に新たに菌をとりたい、と狙っているきのこは、3種類ほどあります。

秋になると、本格的に探す予定です。

三輪山で見つけたハナビラタケには、初対面いらい、出会えていません。

もちろん、信州など他地方では何度も採ってきましたが、三輪山・やまと花びらたけには、再会できないのです。

今年こそは、と期待しています。

東京で感じたこと

昨晩、東京から奈良に帰ってきました。

昨日は、東京農大でお世話になっていた教授の退官式典に参加し、なつかしい友人・関係者と会うことができました。

今回の上京で、「震災の現実」を感じました。

いろいろな人とお話しする中で、必ずでたのが震災の話題。

東北の方から聞いたことは、心が痛むお話でした。

また、各所で節電が行われ、夜の街並みも人気が少なく、余波を実感せざるをえませんでした。

周りの人のこと、社会のこと、地球環境のこと、改めて見つめなおした、東京での3日間でした。

ココナラカフェ

昨日は、代官山の奈良PR拠点、「ココナラカフェ」に行ってきました。

運営者が、私の友人ということもあり、いろいろと相談にのってもらいました。

「ココナラカフェ」は、もともと、東京の奈良発信拠点であった「代官山iスタジオ」の跡地にあります。

奈良物産ショップと奈良食材を使ったカフェをされています。

ハナビラタケについての話題もいろいろと意見交換しました。

今日は、これから東京農業大学でお世話になっていた、教授の退官記念式典に参加してきます。

東京での日程も、これで終了です。

東京に出張中です

昨日から出張と知人の会合に参加するために、東京にいます。

これから、ハナビラタケに興味をもっていただいている料理関係者や食品業界の方などにお会いします。

夜は横浜で、旧知の方と食事をする予定です。

以前、東京には6年ほど住んでいました。久しぶりの上京で、このところ奈良に慣れていたので、改めて別世界に感じます。

「はなびらたけカプセル」について

1週間ほど前に、「はなびらたけカプセル」を発売いたしました。

お客さまから、

「カプセル・タイプのものはありませんか?」

という問い合わせを複数いただき、そのご要望にお応えする形でつくったものです。

お客さまの中には、健康状態やお好みにより、「はなびらたけパウダー」が使いにくい方もいらっしゃいます。

そのため、急遽、対応させていただいた次第です。

「はなびらたけカプセル」は、200粒・7,000円、ハナビラタケ粉末45g・ベータグルカン(βグルカン)18.5g、です。

「はなびらたけパウダー100g」が、7,300円、ハナビラタケ粉末100g・ベータグルカン41.1g。

お得度という点では、カプセルよりパウダーの方が、かなり優れています。

また、成型のために、カプセルにはゼラチンなど他の成分を含めざるをえないため、100%天然というわけにはいきません。

それでも、カプセル・タイプだと、便利でお出かけの際にも使いやすく、違和感なく飲めることが利点だと思います。

「はなびらたけパウダー」と比べると、「はなびらたけカプセル」は量と価格で見劣りするものの、他社のハナビラタケ製品と比べれば、お得であることに違いはありません。

いずれにしても、これからも、お客さまの声に対応した製品づくりを続けていきたいと思っています。

ページトップへ