カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハナビラタケのベータグルカン(βグルカン)

このコーナーでは、きのこ類のベータグルカン(βグルカン)について、ご紹介していきます。

1つめは、私たちが最もお勧めしている「ベータグルカン・きのこ」、ハナビラタケ。

ハナビラタケは、元々、フランス料理の高級食材として珍重されていました。日本国内では、めったに見つけることができないことから「幻のきのこ」と呼ばれていた素材です。

ハナビラタケのベータグルカン含有率は、なんと、40%以上。ベータグルカン10%ほどの、他のきのこ達と比べると、3〜4倍という驚くべき数値です。

ハナビラタケのベータグルカンは、「質」の面でも優秀。健康によいとされる、ベータグルカン構造をとっています。


→ ハナビラタケ100%粉末「はなびらたけパウダー」はコチラ

アガリクスのベータグルカン(βグルカン)

「健康きのこ」として、よく知られているアガリクス。その有効成分は、ベータグルカン(βグルカン)といわれていました。

でも、最近になって、アガリクスのベータグルカンは、あまり有効ではない、と考えられています。ハナビラタケなどと比べて、ベータグルカン含量が少ない上に、健康に関わる構造をとっていないことがわかってきたのです。

それでは、「アガリクスを続けても健康につながらないのか?」というと、そんなことはないと思われます。ベータグルカン以外の成分に、有効性があることが研究報告されるようになってきました。

アガリクスは、ベータグルカン以外の複数の有効成分が健康に関わっている、と考えられています。

椎茸のベータグルカン

椎茸にも良質なベータグルカン(βグルカン)が含まれています。ベータグルカン含有量は、十数%と平均的。でも、構造はハナビラタケと同様、優れています。

椎茸のベータグルカンは、「レンチナン」という医薬品にもなっているほど。

「乾燥椎茸と生椎茸、どちらのベータグルカンが優れていますか?」
という質問をいただくことがあります。
ベータグルカンについては、生・乾とも同じです。

「椎茸の煮出し汁に、ベータグルカンは含まれていますか?」
とも聞かれたことがありました。
汁にも少しはベータグルカンが出てきますが、ほとんどは椎茸の中に残っています。

いずれにしても、ベータグルカンは、健康素材としての椎茸を特徴づける成分と言えそうですね。

マイタケのベータグルカン

マイタケは、きのこ類の中でも比較的、豊富にベータグルカン(βグルカン)を含んでいます。ハナビラタケと比べると1/2以下になるものの、ベータグルカンの質についても悪くありません。

マイタケの健康については、「Dフラクション」が有名です。「Dフラクション」も、主要成分はベータグルカン。
よく知られている食用きのこ中でも、マイタケは優れたベータグルカン素材と言えそうです。

チャーガのベータグルカン

ロシアでは、健康きのことして広く知られている「チャーガ」。和名で「カバノアナタケ」とも呼ばれています。

チャーガの健康については、「抗酸化力」ということが言われていますね。そして、もう一つ、「ベータグルカン(βグルカン)」が豊富というPRも見受けられます。

チャーガのベータグルカン含有率は、約40%ということを目にします。これは、ハナビラタケとほぼ同じ数値です。
でも、このベータグルカン値は、間違いでしょう。私たちもチャーガについて、大学との共同研究でベータグルカン量を測りましたが、そんな高い値ではありませんでした。

チャーガとハナビラタケについて、両方を研究した経験から、ベータグルカンについて、ハナビラタケの方がはるかに優れていると考えています。

霊芝のベータグルカン

中国の漢方薬として、古くから親しまれてきた「霊芝」。中国人の皆さんに、ハナビラタケの話をすると、「霊芝と比べてどうですか?」ということをよく聞かれます。

現代科学により、霊芝・健康の秘密が明らかになりつつあるようです。
その一つが、やはり「ベータグルカン(βグルカン)」。霊芝にもベータグルカンは含まれています。

とはいえ、ハナビラタケなどと比べると、霊芝のベータグルカン含量は、さほどではありません。霊芝では、ベータグルカンとその他の有効成分が、相乗的に働くのかもしれませんね。

鹿角霊芝のベータグルカン

文字通り、鹿のツノの形をしたキノコ「鹿角霊芝」。霊芝と同じく「サルノコシカケ」の1種です。

鹿角霊芝も、ベータグルカン(βグルカン)豊富なキノコとして知られています。ベータグルカン含有量は、ハナビラタケに匹敵する、と主張している商品もあるようです。

私たちは、奈良・柳生の里にて、「鹿角霊芝」を見つけました。三輪山で出会ったハナビラタケ同様、もちかえって菌を増やし、生産を行っています。

ハナビラタケと鹿角霊芝、両方を扱う経験から、ベータグルカンについては、ハナビラタケの方が優れていると断言できます。鹿角霊芝も、ベータグルカンのみで優れた素材というよりは、各成分が相乗的に働くもの、といえそうです。


冬虫夏草のベータグルカン

冬虫夏草は、かなり不思議なキノコ。
なんと、虫に寄生して出てくるのです。

ベータグルカン(βグルカン)のことも、しばしば言及される、健康キノコでもあります。
冬虫夏草のベータグルカンについては、ハナビラタケほどの際立っているわけではありません。ただ、ベータグルカン以外にも有効成分があるようですし、その不思議な生活スタイルから、興味がそそられますね。

私たちも、研究のために冬虫夏草を取り寄せたことがあります。虫に寄生していないとダメなので、栽培やベータグルカンの研究も容易ではありません。そのため、ハナビラタケとの比較などは、ほとんど行えませんでした。
いずれにしても、ベータグルカン量あたりの価格など、はなびらたけパウダーと比べて随分と高額になることがネックかもしれませんね。

タモギタケのベータグルカン

タモギタケのベータグルカン(βグルカン)について、ご紹介します。

タモギタケは、ハナビラタケについでベータグルカンが豊富な食用きのこの一つです。含まれるベータグルカン含有量は、20%弱ほど。ハナビラタケの半分程度ですが、他のきのこと比べると十分なベータグルカン量です。

タモギタケは、デパ地下なのでも見かけることがありますね。黄色の食用きのこも珍しく、興味深いです。

キクラゲのベータグルカン

キクラゲは、食物繊維が豊富なキノコです。食物繊維・含有量でいうと、キノコの中でもナンバーワンではないでしょうか。独特の、コリコリした食感もキクラゲの食物繊維のタマモノと思われます。

では、キクラゲのベータグルカン(βグルカン)は、どれくらいの量・どういう性質があるでしょうか?

実をいうと、キクラゲにはベータグルカンがあまり含まれていません。ベータグルカン以外の繊維質が多いということですね。
この点、ハナビラタケとは違いがあります。

キクラゲの食物繊維は、マンナンという成分が多いようです。ハナビラタケはベータグルカン、キクラゲはマンナン、という成分についてトップの素材だと思われます。

エリンギのベータグルカン

食用きのことして人気のエリンギ。ベータグルカン(βグルカン)など、エリンギの栄養・健康成分は、どのようなものでしょうか?

エリンギのベータグルカンは、食用きのことしては「並」です。ベータグルカンについて、ハナビラタケには叶いません。

特徴的なのは、トレハロースという成分。乾燥重量で30%以上含まれているようです。

トレハロースは、ハナビラタケをはじめ、他のきのこにも含まれますが、エリンギの含量はトップクラス。トレハロースには機能性の報告が多く、食品業界では欠かせない成分になっています。

ブナシメジのベータグルカン

どのスーパーでも見かけるブナシメジ。ベータグルカン(βグルカン)はどうなっているでしょうか?

ブナシメジのベータグルカンは、それほど優れているわけではありません。含有量が、きのこの中では普通レベル。ハナビラタケなど、高含量ベータグルカン・きのこには到底およばないです。

ビタミンやミネラルなど、トータルで見ても、特に際立っているわけではなく、健康面では平均的なきのこといえそうです。

ハタケシメジのベータグルカン

優秀な食用きのことして知られる、ハタケシメジ。最近になって、健康面でも注目されるようになりました。

ベータグルカン(βグルカン)がハタケシメジの健康のポイント、などと言われることも目にします。ハタケシメジのベータグルカンは、どうなっているのでしょうか?

ベータグルカン含量は、ハナビラタケなどと比べると、多くありません。ベータグルカンと他の成分の組み合わせ、ということになるのかもしれませんね。

いずれにしても、ベータグルカンについては、ハタケシメジよりハナビラタケの方が優れていますね。

→ハナビラタケ100%粉末「はなびらたけパウダー

ホンシメジとベータグルカン

ホンシメジのベータグルカン(βグルカン)をチェックします。

ホンシメジは、「においマツタケ、味シメジ」と呼ばれるように、とても美味しいきのこです。栽培が難しいことから、高級食材でもあります。

ホンシメジの健康面は、あまり言及されることがありませんね。ベータグルカンは、どうなっているのでしょうか?

ホンシメジも、ハナビラタケなどと比べると、ベータグルカンについては見劣りします。ハナビラタケは、味と健康の両方で優れたきのこ。ホンシメジは、ベータグルカンの観点から、ハナビラタケのようにはいかないみたいですね。

→ ハナビラタケ100%粉末「はなびらたけパウダー

マツタケのベータグルカン

秋の高級・味穫といえば、マツタケですね。
マツタケの健康面は、あまり言われることがありませんが、ベータグルカン(βグルカン)など、どうなっているのでしょうか?

マツタケのベータグルカンは、ハナビラタケと比べると、やはり劣ってしまいます。ハナビラタケ40%以上に対し、マツタケは10%程度、とベータグルカン含有量には、大きな差がありますね。

姫マツタケという名前を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。「姫マツタケ」、実は「アガリクス」の一種。ある会社が商品PRのために、名づけたようです。
姫マツタケは、アガリクスということもあり、ベータグルカン量を強調されていることがあるものの、こちらも、ハナビラタケには到底及びません。

いずれにしても、マツタケは、食材として楽しむきのこと言えそうですね。

ヤマブシタケのベータグルカン

たまに、食品売り場でみかけるヤマブシタケ。白い健康きのことして、たまにハナビラタケと勘違いされることもあるようです。

ヤマブシタケの健康について、ハナビラタケと同様に、ベータグルカン(βグルカン)が言及されることがあります。ヤマブシタケのベータグルカンは、ハナビラタケなどと比べると、どうなのでしょうか?

ヤマブシタケのベータグルカンを強調するときに、よく対比されているのがアガリクスです。でも、アガリクスは、ベータグルカンが優れているわけではありません。この点、ベータグルカンについては、ナンセンスな比較がされていると言えそうです。

ハナビラタケとヤマブシタケを比べると、ベータグルカンで優れているのは、断然、ハナビラタケ

ヤマブシタケは、ベータグルカン以外の面で、ハナビラタケとは違ったヘルシー特性があるとされています。

エノキタケのベータグルカン

最近、「ダイエット」や「氷えのき」で話題のエノキタケ。エノキタケのベータグルカン(βグルカン)は、ハナビラタケなどと比べて、どうなっているのでしょうか。

エノキタケに含まれるベータグルカン含有量は、10%台とされています。やはり、ベータグルカンについては、ハナビラタケに及びませんね。

ただ、エノキタケは、ハナビラタケ以上に含まれる成分もあります。特徴的なのは、「キトサン」。キチンキトサンとも呼ばれ、脂肪や糖質を絡めとって体外に排出することから、「えのき・ダイエット」の根拠となっている成分でもあります。
エノキタケのキトサン含有量は、きのこの中でも一番、と言われている程です。

ハナビラタケにも、キトサンが含まれています。キトサンとベータグルカンの相乗効果なども、これからの研究成果が待たれる分野です。

ハタケシメジのベータグルカン

ハタケシメジは、健康きのことして知られるものの一つです。きのこシーズンといえば秋ですが、ハタケシメジは春に出てくる珍しいタイプでもあります。ブナシメジと比べ、栽培がやや難しいタイプのきのこでしたが、最近は、フルシーズンで生産されるようになりました。

ハタケシメジのベータグルカン(βグルカン)には、どのよな特徴があるでしょうか?ハナビラタケと比べると、やはりベータグルカンについては、見劣りします。ベータグルカンの含有量がさほど多くはありません。ただ、ベータグルカン以外の成分に価値があるという報告もあり、ハナビラタケとは異なる効果も期待できるのかもしれません。

ハタケシメジのベータグルカン以外の成分は、ビタミンやミネラルなどが豊富です。
ハナビラタケと同じく、食品としても美味しいきのこです。

ナメコのベータグルカン

食用きのことして親しまれているナメコ。ベータグルカン(βグルカン)など、ナメコの健康成分はどうなっているでしょうか?

ナメコのベータグルカン含有量は、約10%です。やはり、ハナビラタケと比べると、1/4ほどですね。

ベータグルカン以外に目を向けると、ハナビラタケにはないナメコならではの特徴もうかんできます。
例えば、ムチンという水溶性多糖類は、ハナビラタケにはない食物繊維。ナメコ特有のヌメリのもととなる成分です。

水溶性多糖類には、ベータグルカンとは異なる健康価値も知られており、ナメコとハナビラタケは相性がよい、と言えるかもしれません。(ベータグルカンをはじめ、ハナビラタケの食物繊維・多糖類は、水に溶けないものが多いです。)

また、ハナビラタケ同様、ビタミンB群も豊富。ナメコは、健康的な食材と言うことができます。

ヒラタケとベータグルカン

ヒラタケも、食用きのことしてよく知られていますね。
ヒラタケのベータグルカン(βグルカン)について、ハナビラタケと比較しながらご紹介します。

ヒラタケは、「シメジ」という表記で売られていることも多いですが、まったく別物です。最近は、「トキイロヒラタケ」というピンク色の種類もスーパーなどで見かけるようになりました。エリンギもヒラタケとは類縁種です。

ベータグルカンは10%程度であり、やはり、ハナビラタケにはかないません。ベータグルカン以外に目を向けると、ハナビラタケ同様、ビタミンB群などが豊富です。健康面ではハナビラタケには及ばず、キノコの中では標準的といえるでしょう。

ヒラタケは、平安時代の書物にでてくるほど、私たち日本人にとって身近なきのこです。私たちも、種菌として長年ヒラタケを扱ってきました。

それから、これはヒラタケに限った話ではありませんが、ハナビラタケとヒラタケなどのキノコ類を合わせてとってもらっても問題ありません。一緒に口にすると、はなびらたけパウダーの有効性が落ちるのでは?と質問をいただくことがありますが、安心して食していただければと思います。

ページトップへ