カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ビフィズス菌の新発見

先日、私が学生時代に所属していた研究室から、おもしろい報告があったのでご紹介します。
       
ビフィズス菌による寿命伸長効果」についての研究報告です。
あるビフィズス菌株が、腸内で「ポリアミン」という成分をつくり、それによって老化抑制など寿命を伸ばす効果がある、という研究報告です。マウスでの実験ですが、各新聞紙が取りあげるなど、科学会のみならず、一般にも興味がもたれるテーマです。
      
研究グループの芦田准教授は、私の直接の師匠であり、たまたま見つけた研究報告に目がとまりました。
次回お会いしたときに、詳しいことを聞きたいところです。

イベントでハナビラタケを取りあげてもらいました

昨日、奈良・橿原アルル(イオンモール)で「やまと花びらたけ」をイベントで取り上げてもらいました。

奈良県産食材と女性料理人のコラボ、という企画で、大和野菜とともに、ハナビラタケも使っていただいたのです。

対談という形で、「やまと花びらたけ」を見つけたいきさつ、研究の経緯、これからの展望などお話しさせていただきました。

担当の女性料理人は、懇意にしている「ラホツ」の別所さん。

キレイなデコレーションで、とても美味しいお料理に仕上げていただきました。

写真・手前の白い素材が、「やまと花びらたけ」です。

約70名の方・限定に試食していただき、好評でした。

あとで知ったのですが、TVカメラも入っていたようで、知人からも連絡もらいました。

後日、このお料理のレシピも公開します。

イベント「奈良の食☆魅力再発見2011」

8月28日(日)、「地産地消」の生産者と「女性料理人」のコラボレーションで、「奈良の食☆魅力再発見2011」と題したイベントが開かれます。
      
私も、「地産地消」生産者の一人として、出席することになています。
女性料理人が、「ハナビラタケ」を調理され、私は食材の紹介と対談を行うそうです。
        
奈良県マーケティング課のイベントで、参加費無料・限定で試食も可。奈良・橿原市の「橿原アルル(イオンモール)」11時〜です。
      
ご近隣で、ついでに買い物に来られ方など、ご無理なければいらして下さいね。

ハナビラタケにつながる、きのこ65年とは?

私たちは、創業以来、65年のきのこ研究と製造の歴史をもっています。

創業したのは、私の祖父。1946年10月のことでした。

祖父は、科学の知識があり、戦後復興に貢献する道として、きのこをはじめとした菌類の製造業を志したそうです。

私たちの歴史は、単に「きのこ作り」をしてきただけ、というわけではありません。

 \こ初の技術発明

 △のこ・菌類の製造

 生産者(農家の方々)への指導

65年間、これら3つのことを追及し、他にはないノウハウをつみ重ねてきました。

ハナビラタケ生産にも、この歴史が活かされています。

のどカゼのために

先週末から、のどが痛く、せき込みがちです。どうやらカゼをひいてしまったようです。

のど飴をなめたり、うがいをしたり。

そして、ハナビラタケも、のど対策に使っています。

どんな風に使うのかというと、

ハナビラタケをサッと茹でる

∵Г任燭△函⇔篆紊任靴瓩

ハチミツにつける

い△泙蠅まず、のどに流しこむ

というやり方です。

これは、ある料理研究家の先生に教えてもらいました。

その先生は、講演の前にこのやり方でのどを潤すそうです。

ベータグルカン(βグルカン)のカタマリ・ハナビラタケの独特の食感とハチミツが、のどにいい感じがして、気持ちいいです。

ベータグルカン、便秘改善?!

はなびらたけパウダーをお使いの方から、
「お通じがよくなった。」
「便秘が治った。」
「お腹がゆるくなったけれど、大丈夫ですか?」
などと問い合わせいただくことが多々あります。
        
全量の40%がベータグルカン(βグルカン)のハナビラタケベータグルカンは食物繊維に該当する成分です。
ベータグルカン以外の多糖類もあわせると、この ハナビラタケ粉末に含まれる食物繊維は、全量の50%にものぼります。
     
つまり、はなびらたけパウダーの半分が食物繊維、ということになります。
      
お通じが良くなるのは、このような成分組成に秘密がありそうでね。

伊勢でのハナビラタケ探索

20日・21日と、1泊2日で伊勢方面に旅行にいきました。
スペインの街並みをイメージした「志摩地中海村」というところに滞在。TV・CMの撮影ロケ地として使われるなど、「パスポートのいらない楽園」をコンセプトにした宿泊施設です。
あいにくの大雨だった上に、深夜にエアコンが壊れ、部屋を移動するなど、トラブルも発生。


それでも、夜はラテンミュージックの生ライブに参加し、地中海村も美しく、楽しくすごせました。


       
実は、伊勢方面にきのこ発生エリアがあること、ハナビラタケもどうやらあるらしい、という情報をえていたので、ついでにチェックする予定でしたが、雨のため断念。
      
伊勢神宮参拝もかねて、晴れの日に再訪したいなと思っています。

やまと花びらたけ、橿原アルル(イオンモール)イベント

今週日曜日(8月28日)・11時頃、奈良県橿原市のイオンモール(橿原アルル)にて、奈良県の食材を使ったイベントが行われます。

その一つに、「やまと花びらたけ」をとりあつかい、お料理をふるまうと共に、食・専門家の方々と私自身がステージで対談する予定です。

ご近隣の方など、ぜひいらして下さい。

後日、ご報告もさせていただきますね。

ハナビラタケでパエリア

昨日、妻の誕生日ということもあって、パエリアを作りました。


パエリアに挑戦するのは、3回め。今回のものが、一番うまくできた気がします。
         
鶏のモモ肉、エビ、イカを主な具材に、シメジとエノキも加えました。
そして、隠し味に「はなびらたけパウダー」を少々。
隠し味といっても、ハナビラタケの風味がきいているのかどうか、わからない程度です。でも、何となく深みがでたんじゃないかなあ、と思っています。

ハナビラタケ・ヨーグルト

「飛鳥の蘇(そ)」ってご存知ですか?
「蘇」とは、古代・日本で作られていた乳製品。「古代チーズ」とも言われています。
   
この「蘇」が、貴族の間で食べられていたのは、飛鳥時代です。
     
そして、「蘇」を現代に復興し、生産されたのが「西井牧場」さん。飛鳥の地で、乳製品・工房を営まれています。
復興された古代チーズが、「飛鳥の蘇」という商品です。ほのかな甘さとザクザクした食感が、何ともいえない美味しさです。
        
私たちは、「西井牧場」さんともコラボしています。
ハナビラタケのヨーグルトを製造・販売してもらっています。
奈良県内の道の駅など、限定で販売していますので、県民の方・奈良に観光に来られた方は、一度ご賞味ください。豊富に含まれるベータグルカン(βグルカン)によるものか、
「アロエ」みたいな食感、と感想いただくことが多いです。
     
ヨーグルトとハナビラタケは、「乳酸菌+ベータグルカン」と、ヘルシーという点でも、相性が良いです。

はなびらたけパウダー 100%粉末の理由

「はなびらたけパウダー」特徴の一つ、100%そのまま粉末であることがあります。
私たちは、約7年前からハナビラタケ栽培をスタートし、サプリメントとしても販売をしてきました。その当時から、錠剤やカプセル、顆粒粉末、などの製品も取り扱っています。
       
「はなびらたけパウダー」は、2011年に発売したばかりです。
どうして、「はなびらたけパウダー」をお届けするようになったかというと、安全安心の品質にこだわりながら、出来るだけ効果的に(ベータグルカン高含量)、そして、お客さまの価格負担を少なくしたいと考えたからです。
        
錠剤・カプセル・顆粒粉末では、どうしても他のものを混ぜることになり、その分、ハナビラタケやベータグルカン含有量が少なくなってしまいます。
また、加工賃が余計にかかってしまい、価格アップにつながります。
      
「よいものを、できるだけお求めやすく」という想いから、はなびらたけパウダーを製品化した次第です。

食物繊維としてのベータグルカン

ベータグルカン(βグルカン)は、食物繊維に分類されます。

きのこが低カロリー・ヘルシーといえるのは、ベータグルカン=食物繊維が豊富、という点が大きいでしょう。

ベータグルカンは、食物繊維としての特徴である、整腸作用などがあります。最近いわれていること、「野菜=繊維質から先に食べると健康にいい」というのは、きのこベータグルカンにも当てはまります。

それから、ヒトはベータグルカンの分解酵素をもっていません。そのため、消化・吸収はほとんどされないと考えられています。

ただ、ヒトの腸に住んでいる腸内細菌の中には、ベータグルカンを分解するものがいるでしょうし、免疫細胞マクロファージがベータグルカンを粗分解するという研究報告もあります。

ハナビラタケは、全量の40%以上がベータグルカンです。ベータグルカンを含む食物繊維量となると、約50%。これだけみても、ヘルシーな素材ということがいえますね。

きのこ粉末 使い方について

「きのこ粉末って、どうやって使えばいいんですか?」
「きのこ粉末を、お料理に入れると、どういう味が出るんですか?」
など、質問されることがあります。
         
野菜パウダー・野菜粉末は、お料理やお菓子に使えて、WEBや雑誌などでよく紹介されていますが、確かに、「きのこ粉末」ってそういうのもあまり無いですからね。
       
野菜パウダーは、どの野菜種も「甘み」を含み、色合いのバリエーションが楽しめるものだと思います。
「きのこ粉末」は、その点、どれも茶色っぽくてワンパターンですし、「甘み」などのわかりやすい味もありません。
     
和風にいうと「ダシ」、洋風では「ブイヨン」の役割をはたすのが、「きのこ粉末」だと思います。いわゆる「隠し味」になるということです。
      
きのこによって、それぞれ、味わいも変わってきます。和風だしに合うきのこ、スープにぴったりのきのこ、など、料理によって、「きのこ粉末」シリーズを開発してみるのも面白いかもしれませんね。
       
はなびらたけパウダー」は、ベータグルカン(βグルカン)や食物繊維がたっぷりのヘルシーさに加えて、後味やコクの深みに特徴がある味わいです。無農薬ハナビラタケ100%粉末で、安全安心。
お料理にも、ぜひお試しください。

ハナビラタケ、デザート風の食べ方

ある料理研究家の先生に教えてもらった、ハナビラタケのデザート風の食べ方をご紹介します。

ハナビラタケを軽くサッと茹で、すぐに氷水で冷やす

        ↓

はちみつをかけて、食べる

レシピはこの2工程だけです。とても簡単ですね。

そして、

「口の中で食感を楽しむ」「あまり噛まずにのど越しを楽しむ」という2種類の食べ方ができることも教えていただきました。

ぜひ一度、お試しください。

白いきのこ

昨日、
「山で白いきのこ見つけたけど、食べれるか?」
と親戚の叔父にきかれました。
      
アシが細めでカサが丸まっているタイプ、とのことで、
「毒きのこかもしれないから、やめといた方がいいよ。」
と答えました。
       
        
職業柄、こういうやり取りをすることがあります。
自然に生えているきのこの鑑定は、なかなか難しいものです。今も、新しいものを見つける度に、きのこ図鑑での確認は欠かせません。
       
今回、叔父が見つけたきのこは、間違いなく猛毒きのこでしょう。
意外と、白いきのこには注意が必要です。
       
白い天然きのこで、食べて美味しいものは、
ハナビラタケ・シロキクラゲ・シロフクロタケ・オオイチョウタケ、あたりでしょうか。
        
「ブナピー」なども白色ですが、品種改良で作られたもので、天然にはない種類です。
        
    
和食の料理人から、「五味五色」の中で意外と「白」食材は少ないとのことで、白くておもしろいきのこないか?と尋ねられます。ハナビラタケは、もちろん好評ですが、他の「白」きのこにもチャレンジしているところです。

ハナビラタケの乾燥テスト

今、ハナビラタケ等・きのこの乾燥テストを行っています。

目新しい技術、というわけではりませんが、取り組んでいる商品開発に使えるかどうか、どんな方法が合っているか、チェックしているところです。

具体的には、熱風乾燥・低温乾燥・天日干し・凍結乾燥、など。

きのこによって、適した乾燥のやり方があり、中でもハナビラタケは乾燥しにくい素材です。

ベータグルカン(βグルカン)は保水性が高い成分。ベータグルカンを多量にふくむハナビラタケは、乾燥に時間がかかるのです。

最適な方法・条件を見つけることができればと思います。

ハナビラタケ 品切れです

今週に入ってから、とても暑い日が続いていますね。水分と栄養をしっかりとることを心がけて、夏バテに負けないようにと思っています。
      
もうすぐ、きのこ生産工場がお盆休みに入るため、製造量をいつもより少なめにしています。
ハナビラタケ」も、同じく生産調整しているのですが、それに反して注文が増えているため、品切れの状態が続いています。料理店での食材としての注文が、北海道から九州まで、入っている状態です。
          
そのため、一部のお店には、発注分すべてに対応できなかったり、少し待ってもらうようなこともあり、ご迷惑をお掛けして申し訳なく思います。
        
はなびらたけパウダーについては、ハナビラタケ・ツボミを活用することもできるため、欠品することがないので、ご安心ください。

ハナビラタケ・つぼみ 食感の秘密

独特の食感をもつ、ハナビラタケ・つぼみ。
少し厚めにカットして調理すると、こんにゃくのような、しっかりとした食感があります。
         
この食感の秘密は、豊富に含まれるベータグルカンにあると思われます。
ハナビラタケのβグルカン(ベータグルカン)は、規則正しくつらなった多糖類。構造の規則正しさにより、しっかりとした食感・歯切れのよさが生まれているようです。
      
ハナビラタケ・つぼみの食感と対比される、こんにゃくも、「マンナン」という多糖類が主成分。その点で、両者は似ているといえそうです。
        
食感にも関わる、ベータグルカン。まだまだ奥が深そうです。

夏バテと食物繊維

また暑くなってきましたね。

この季節、夏バテ防止に「食物繊維」は大切です。

きのこに豊富に含まれる食物繊維。

 ・ 暑さでお疲れ気味の胃腸にもやさしい

 ・ 食物繊維が老廃物を外にだしてくれる、便秘解消

これらの効果により、夏バテに良いとされています。

もちろん、ハナビラタケもベータグルカン(βグルカン)をはじめとした食物繊維が豊富。夏を乗りきるのにピッタリな素材です。

アンチエイジング?! きのこ・野菜から食べること

このところ、少し話題となっている、食べる順番についてご紹介します。

分解・消化されにくい、野菜やきのこを先に食べると、糖の吸収がゆるかになり、血糖値の上昇が抑えられます。ダイエットにもいいようで、世界水泳で銀メダルを獲得した、バタフライの松田選手も、この食べ方で体を絞ったとのことです。

このことは、何となく理解できることですが、さらにプラスの効果もあるようです。

それは、「アンチエイジング」。老化を抑える効果です。

「AGE」という遺伝子産物が発見され、これが老化の一因となっているそうです。AGEは、血糖値が上昇すると増えてきます。

つまり、野菜やきのこなど、食物繊維リッチな食品から先に食べることが、アンチエイジングにつながる、ということです。

ベータグルカン(βグルカン)は、食物繊維の一種。食物繊維のカタマリともいえるハナビラタケが食膳に並ぶときも、できるだけ先に食べた方が良さそうですね。

ハナビラタケとシルクロード

ハナビラタケは、元々、フランス料理の高級食材です。

そして、日本では「幻のきのこ」と言われるほど、なかなか見つけることができない珍しいきのことされてきました。

以前、中国人で食品にくわしいプロに、「中国にもハナビラタケはありますか?」と聞いたところ、「市場で見たことがある。」とのことでした。

どうやら、ハナビラタケは、ヨーロッパ・中国・日本の各地に存在しているようです。

私たちが扱っている「やまと花びらたけ」は、古都・奈良の神山・三輪山で見つけた品種。

もしかしたら、はるか昔、ハナビラタケはシルクロードを巡ってきたのかもしれない、と空想しています。

ハナビラタケの後味

ハナビラタケには、独特の「後味」があります。

専門的に、食べ物を口にいれてから味を感じるまでの時間により、「先味」「中味」「後味」にわけて考えられています。

ハナビラタケは、「後味」、つまり食べてからしばらくして感じる味に特徴があるようです。

ハナビラタケ単体、もしくは、はなびらたけパウダーをお湯に溶かして飲むだけではわかりにくいですが、ホワイトソースに絡めたり、ポタージュスープに混ぜると、さわやかなきのこ風味が下に残ります。

「後味」の強い食べものは比較的少ないようで、「先味」「中味」のある他の食材・味つけとマッチしたときに、深みのある味わいになるそうです。

この「後味」のワケは、何なのでしょうか?

はっきりしたことはわかっていませんが、分解しにくい旨み成分があると考えられます。また、多量に含まれるベータグルカン(βグルカン)が、旨み物質とからみ、味をマイルドにしているのかもしれません。ベータグルカンは、物質を包みこむような性質があり、まろやかな味わいに整えてくれていると考えられます。

ハナビラタケを気に入ってもらっているシェフには、「他の素材の邪魔をせず、料理に奥行きをもたらしてくれる」と評価してもらっています。

「やまと花びらたけの会」を立ち上げました

昨日、「やまと花びらたけの会」、第1回目を行いました。

「やまと花びらたけの会」は、まだ正式名称も決まっていないのですが、奈良・三輪山でみつけた私たちのハナビラタケについて、振興していくための有志ネットワークです。

連携メーカー、料理店、生産者組合、共同研究の大学教授、職人、奈良県関連者、など、ハナビラタケを通じて、多士済々のチームにしていく予定です。

昨日集まっていただいたのは、コラボで商品開発と販売を行うメーカーの皆さん、奈良県関係者、の計6名。

今までは、それぞれの方と私とで、1対1の関係で進めていましたが、これからはまた違った横のつながりを作っていきたいです。ハナビラタケ・ベータグルカン(βグルカン)の、新たな活用にもつながることでしょう。

実際、異分野の技術・ノウハウ・人脈をお持ちで、ただの顔見せにとどまらない、前向きな話しあいとハナビラタケの新商品4品の試食会も行いました。

これから、定期的な会の運営と会則づくり、メンバーを増やす取りくみ、なども進めていく計画です。

この会の進捗については、いろいろな形で発信していきます。

奈良で採れる・きのこ達

吉野の山奥や大台ヶ原を除いて、奈良県内で見つかるきのこは、そう多くありません。
私が、奈良の自然の中で採った中で、特徴的で食べることができるきのこをご紹介します。
       
■ オオイチョウタケ
きのこの中では珍しく、杉林や竹林にはえるきのこです。
大きくて真っ白なきのこで、歯切れのよさとジューシーさを持っています。
        
■ アカヤマドリ
「ポルチーニ」というイタリア名で知られる、「ヤマドリタケ」の仲間です。とても大きく立派な容姿をほこり、味も絶品です。ポルチーニにも負けない素材でしょう。
傘に赤みがかっており、調理するときに、この色素をぬくことが手まですが、格別に美味しいきのこです。
     
■ アンズタケ
フランス名「ジロール」。フレンチの高級食材として珍重されています。
奈良公園、生駒山、などで見つけました。
        
■ アミガサタケ
こちらも、フランス料理の高級きのこ。フランスだけではなく、欧米で人気があります。
生駒山ほか、山林をはじめ、近隣の公園や民家の庭先にもはえています。日本列島全土にあると思われるので、皆さんのご自宅にも出てくるかもしれません。
春のお花見シーズンあたりに、アミガサタケは顔を出します。
      
■ ハナビラタケ
そして、ハナビラタケです。
三輪山の麓でみつけました。ベータグルカン(βグルカン)含有量の多さで注目されています。ただ、出会ったのは一度きりで、三輪山はもちろん、奈良界隈どこをみても再会できずにいます。
       
      
今回ご紹介したきのこは、見た目にインパクトがあり、日本人にあまり知られていないものばかりです。そして、いずれも絶品きのこ達。
他にも、ご紹介したいものがありますので、また追ってお話しします。

花びらそうめんの取扱いに関して

いよいよ8月。そうめんシーズン、まっさかりです。
     
さて、私たちは、株式会社三輪そうめん山本さんとの共同で、ハナビラタケ入り「花びらそうめん」を販売しています。三輪山で見つけたハナビラタケと三輪伝統の手延べ製法がマッチした一品です。
とはいうものの、本WEBショップでは、「花びらそうめん」を一時休止し、すべて三輪そうめんさんにお任せしている状況です。
    
この件について、皆さまからお問い合わせいただくことも多く、申し訳なく思っています。
「花びらそうめん」を、WEBショップで一時休止している理由は、「はなびらたけパウダー」のお申し込みを予想以上に数多くいただいているためです。
当方の受発注体制を整えている途中であり、ミスなどを防ぐために、一時休止している次第です。
      
せっかくのそうめんシーズンに、申し訳ございませんが、ご理解いただければ幸いです。
      
秋以降、他の商品発売とともに、すべての準備を整えていく計画です。その折にでも、また再訪いただければうれしく思います。

イベントでのハナビラタケ料理レシピ

8月28日のイベントでのハナビラタケ料理レシピです。
       
「ヤマトポークと夏野菜たっぷりのベジタブルビビンバ」

材料(2人分)
トマトコチュジャン
ごま油  小さじ2
ニンニク  少々
ヤマトポーク(挽き肉) 70g
トマト 1/2個
コチュジャン  小1と1/2
トマトケチャップ  大さじ1
味噌  大さじ1
ゴマ  適量
半白きゅうり  4cm程度

ひもとうがらし  4本
やまと花びらたけ  少々
塩、ごま油  各適量
モヤシ  1/4袋
塩、ごま油、醤油 各適量
ご飯  2膳分
ミョウガ  1個
大葉  2枚
紫とうがらし  1本
      
   
1)トマトコチュジャンを作る。フライパンにゴマ油を熱し、ニンニクのみじん切りを炒め、香りがたったらヤマトポーク挽き肉を加え炒める。トマトは角切り、半量を加える。コチュジャン、ケチャップ、味噌を加えまぜ、5分ほど煮詰める。仕上げに残りのトマトとゴマを加える。
2)半白きゅうりは千切り。ひもとうがらし、ハナビラタケはゴマ油でさっと炒め、塩で味付け。モヤシはゆで、塩・ゴマ油・醤油で味付け。
3)ミョウガと大葉を千切りに、紫とうがらしは輪切りに。
4)器にご飯を盛り、2の野菜を盛り付け、1のトマトコチュジャンをかける。最後に、ミョウガ、大葉、紫とうがらしを飾る。
       

レシピを考案し、調理実演をしていただいた、「ラホツ・アターブル」の別所さん。夏らしく、素材を活かした美味しいお料理をありがとうございました。
      
「やまと花びらたけ」や「大和野菜」など、奈良の食材を使った盛況なイベントでした。

ページトップへ