カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン 水溶性と不溶性

ベータグルカン(βグルカン)には、「水溶性」のものと「不溶性」のものがあります。

「水溶性ベータグルカン」は、黒酵母由来のものが知られています。黒酵母は、ベータグルカンを対外に放出する、珍しい生き物です。

対して、「不溶性ベータグルカン」は、ハナビラタケをはじめとするきのこ類やパン酵母由来のもの、など。真菌類の細胞壁におもに含まれています。

「水溶性ベータグルカンの方が効果的と聞きましたが、ハナビラタケはいかがですか?」など、質問をいただくことが多々あります。

まず、そのような研究報告は聞いたことがありません。

そして、黒酵母のベータグルカン製品は、含まれているベータグルカン含有量が極めて少ないです。黒酵母培養液からベータグルカンを抽出するためには、高いコストがかかるためです。

パン酵母のものなど、はなびらたけパウダー以外にも良いベータグルカン製品はあると思いますが、科学的な見地から、黒酵母ベータグルカンは、どうなのかな、と感じています。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100007462&eid=219

ページトップへ