カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハナビラタケ入り「花びらそうめん」

ハナビラタケを見つけた古代からの神山「三輪山」。そこは伝統の三輪そうめんの地でもあります。

 

三輪つながりの縁もあって、「やまと花びらたけ」と「三輪そうめん」のコラボレーションを考えました。

 

当初は、

きのこ風味のヘルシー素麺ができればいいな」

という思い。三輪素麺組合に持ちこみ、テストしてもらいました。

 

すると、

「夏場につくっても麺が切れない。」

「のど越しの良い、質の高い素麺ができる。」

など、職人の方から評価いただいたのです。

  

ハナビラタケの食感改良の可能性に気づいたのは、それがきっかけでした。

 

その後、「株式会社三輪そうめん山本」さんとご縁があり、共同で取りくむことになりました。

 

ハナビラタケを含む割合、小麦粉の種類、製麺方法、など、細かくテストを行い、生まれたのが「花びらそうめん」。

 

新しい“モッチリ感”と“ほのかなきのこ風味”の、そうめん。

それには、ハナビラタケならではの秘密があります。

 

● 北海道産小麦「ナナカマド」を使用

風味の豊かなやわらかい小麦。でも、麺が切れてしまうため、今まで素麺に使えませんでした。

ハナビラタケが繋ぎになり、業界初「ナナカマド」使用の素麺がうまれました。

 

● ハナビラタケベータグルカンのモッチリ感

ハナビラタケのベータグルカンが、小麦グルテンとからみ、独特のモッチリ感を引きだしました。


 

2010年7月に発売した花びらそうめん

初年度は、「平城京遷都1300年祭」や「第一回・奈良マラソン」など、イベントでもPRしていただきました。

 

今後、「麺つゆ」や「太麺」でシリーズ化していく予定です。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100007462&eid=9