カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハナビラタケ 画期的な製法

ハナビラタケのやっかいな問題。

 

生産コストが高くついてしまうのです。

・成長スピードが遅い

・生産管理に手間がかかってしまう

などが原因でした。

 

「これでは、お客さまに価格負担をかけてしまう。」

いろいろな実験を行うものの、なかなか成果が得られません。


「ハナビラタケを安く作ることは難しいかも・・・」

あきらめかけた矢先、はじめて目にする現象をみつけました。

 

ハナビラタケは、きのこが花開く前、“ツボミ”のような小さなカタマリを作ります。

その“ツボミ”が、いつもより大きく膨らんでいたのです。

 

「これは何??」

と最初は思ったものです。

美しいとは言えない、でも白くて確かにハナビラタケだし、不思議に感じ、しばらくチェックすることにしました。

 

すると、“ツボミ”がドンドン巨大化していきます。

こんな現象は、他のきのこも含めて、見たことがありません。

 

「もしかして、、、」

ハナビラタケを安く作ることにつながるのでは、と思うようになりました。 

“ツボミ”になる条件、大きくするためにはどうすればよいか、その成分、など、をチェック。


“ハナビラタケ・ツボミ”の研究は今も続いています。

現状、ハナビラタケ生産コストの50%OFF、に成功。

特許も3件、申請しました。

 

“ツボミ”の役割は、ハナビラタケ素材を安く作ることにとどまりません。

はなびらたけパウダー花びらそうめん、をはじめ、「やまと花びらたけ」の可能性を広げています。