カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハナビラタケとベータグルカン 学会発表を受けて

1999年、薬学会で「ハナビラタケのβグルカン(ベータグルカン)」についての発表がありました。

東京薬科大学の研究チームにより、

「ハナビラタケには40%以上ものベータグルカンが含まれる」

「ハナビラタケ・ベータグルカン、健康への可能性について」

というテーマで報告されたのです。


学会での大きな反響とともに、私たちも驚きました。

高級きのことして、ハナビラタケを料亭やレストランで使ってもらおう、と思っていただけなのに、ヘルシーという点でも、大きな可能性があったのです。

 

そこで、私たちも、独自にハナビラタケベータグルカンについて研究をはじめました。

 

やまと花びらたけ」にも、40%以上のベータグルカンが含まれることを確認。栽培から粉末化の方法まで、テストをくりかえし行いました。


昭和21年から続く、私たちのきのこ研究の歴史。

しかし、長年のノウハウをもってしても、ハナビラタケの生産には難しい点がありました。