カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカンのβ(1,3)とかβ(1,6)って何?

Q:
ベータグルカン(βグルカン)のことを調べていると、β(1,3)とかβ(1,6)という表記を目にしました。これって何ですか?
         
A:
ベータグルカンは、ブドウ糖が連なった構造をとっています。ブドウ糖の連なりには、「アルファ」と「ベータ」という様式があり、ベータグルカンは「ベータ」結合しているから「ベータグルカン」と呼ばれているのですね。
             
そして、ブドウ糖には、1番〜6番まで、6本の手があると想像してください。ブドウ糖同士が連結するとき、その6本のどれかで手をつなぐわけです。
つまり、ベータグルカンは、1番と3番が手をつないでいるタイプはβ(1,3)、1番と6番だとβ(1,6)と呼ばれるわけですね。
      
ちなみに、ハナビラタケのベータグルカンは、β(1,3)(1,6)グルカン。ベータグルカンの中でも、健康に理想的な構造、とされています。

ページトップへ