カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン パン酵母⇔ハナビラタケ 第4ラウンド

ベータグルカン(βグルカン)素材の比較、ハナビラタケVSパン酵母・シリーズ、いよいよ最終回。

「ベータグルカン含有率」に関連した話題です。

       

ハナビラタケのベータグルカン含有率は、40%超。

対して、パン酵母は10〜20%程。ですが、化学的な抽出処理をおこない、80%以上まで高含量のベータグルカンに仕上げたものもあります。

そういうわけで、「ベータグルカン含有率」については、ハナビラタケよりパン酵母が上回ります。

       

しかし、パン酵母は、処理工程により「安全性」を犠牲にしていることと合わせ、もう1点、気になることがあります。

       

ベータグルカン以外の有効成分」についてです。

抽出処理により、菌類がもつベータグルカンその他成分がカットされていると考えられます。

それに対し、ハナビラタケは、十分な「ベータグルカン含有率」に加え、全成分・丸ごと100%そのまま粉末化。

       

「天然・安全性」はもちろん、「ベータグルカン含有率・プラス・アルファ」を考えると、ハナビラタケの優位性が見えてきます。

ページトップへ