カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

はなびらたけパウダー、多くの方に続けていただいています

10月になりました。

このWEBショップをオープンして、約9ヶ月が経ちます。おかげさまで、多くの方に「はなびらたけパウダー」をお試しいただき、続けてもらっています。

お申込み・ご注文いただく皆さまは、ハナビラタケやβグルカン(ベータグルカン)をご存知の方、初めて知った方、それぞれいらっしゃいます。ご自身もしくはご家族・ご知人の健康のために、という方がほとんどですが、料理の素材として使われたり、ペットのために購入される方もたくさんいらっしゃいます。

早ければ、飲み始めてから1ヶ月で効果を実感されるケースもありますが、2〜3ヶ月続けていただくことで、うれしいご報告をいただくことが多いです。

引きつづき、皆さまのお役に立てればと思っています。

クーカル イタリアン イン 馬見

クーカルの「奈良フードフェスティバル2011」として、「クーカル イタリアン」が馬見丘陵公園で開催されています。
     
昨日は、ハナビラタケを使った「シェフズパスタ」を出していただきました。
      
私は、用があって会場に行けなかったのですが、食べてきた知人によると、とても盛況だったそうです。


       
このイベントは、10月16日まで開催されています。ハナビラタケは、毎日使ってもらうわけではありませんが、他にも奈良ならではの食材を使って一流シェフが調理されるので、期間中に足を運ぼうと思います。

今年のノーベル賞 「Toll」と自然免疫

今年のノーベル生理学・医学賞の発表があり、「Toll」についての3名の研究者が受賞しました。
ES細胞についての画期的な研究をされた京都大学の山中先生は、今回は受賞を見おくられたようです。また、自然免疫の分野では、3名の受賞者に劣らない研究をされていた大阪大学の審良先生も、残念ながら選外となりました。
        
「Toll」についてのノーベル賞に関わった研究は、私自身も学生時代のセミナーで発表したことがあります。免疫の奥深さに興味をもつきっかけになった研究でもあり、よく覚えています。
             
ハナビラタケに豊富に含まれるβグルカン(ベータグルカン)も、「Toll」と似たようなメカニズムが研究されています。ベータグルカンについても、ノーベル賞につながる研究が出てきても不思議ではないと思います。

きのこ狩り 遭難に注意!

きのこ狩りで山に入り、2日間遭難し、無事に救出された、というニュースを目にしました。私も、しばしば入山してきのこ探しをするので、他人事ではない思いがしました。

ハナビラタケやマツタケなど、山林にはえるきのこを採るために、道なき道を奥深くに入っていくときがあります。ある程度、よく知った山であれば大丈夫ですが、まったく初めてのところで森に入っていくのは勇気がいります。

クマに出会ったこともありますし、ヘビや鹿、イノシシなどにはしょっちゅう出くわします。この間も、かわいい子供のイノシシに遭遇しました。

         

特に、夕暮れで暗くなってくると危険を感じます。山を歩き回れる体力があるとはいえ、気をつけなければと改めて思いました。

訪問いただく方が増えています

はなびらたけパウダーをお求めに、直接、買いに来られる方が多くなってきました。
       
奈良でイベントなど行うことが増えているということもありますし、効果を実感された方から口コミで広がっていくというのも一因のようです。
お一人から5人・6人とご紹介いただくこともしばしばです。
           
直接お話しすると、βグルカン(ベータグルカン)やハナビラタケのことなど話題がつきませんし、ご症状をうかがうこともあるため、何とかお役に立てればという思いがより強くなります。

テラスでモーニング

今日は、穏やかな晴天ということもあり、近くのカフェでモーニングしてきました。

川沿いにある「カフェ・ファンチャーナ」さん。

テラス席でとても気持ちよかったです。

ご来訪ください

このところ、はなびらたけパウダーを購入するにあたり、直接来ていただくことが増えています。購入検討の段階で、とりあえず話を聞きたい、という方も多数いらっしゃいます。

ハナビラタケやβグルカン(ベータグルカン)のことについては、やはり会ってお話ししないと、伝えきれないこともあります。

奈良県の方はもちろん、関西在住の方、他地方でも何かの折に立ち寄られるケースも含め、お気軽に来ていただければと思います。お車で来られない場合は、JR法隆寺駅・近鉄結崎駅or平端駅までお迎えにあがりますので、ご連絡ください。

葛城山

葛城山に登山してきました。

きのこもあるかな、とよそ見をしながらの山登りです。

残念ながら、これといったきのこを見つけることはできませんでした。きのこと相性のよくない、杉がメインであることも関係があるのかもしれません。

もちろん、ハナビラタケにも出会えず。

とはいえ、適度な勾配と自然景観がよい感じで、楽しい登山でした。

ハナビラタケ新商品の発売

近いうちに、ハナビラタケの新商品を3つほど発売する予定です。

サプリメントではなく、一般食品になりますが、いずれも「やまと花びらたけ」を使い、βグルカン(ベータグルカン)の特性を活かした商品です。

奈良にゆかりのあるメーカーや職人さんたちとのコラボです。大それたことは考えていませんが、奈良のこと、ハナビラタケのことをより広く知ってもらえる機会となればと思います。

おって、詳しくご案内しますね。

奈良・八重桜

今日は、私たちの活動ではなく、地元・奈良のおもしろい商品をご紹介します。

表面

老舗・酒蔵「春鹿」さんの「奈良の八重桜」です。

これは、昨年あたりから随分と話題になった商品。奈良の象徴の一つ「奈良・八重桜」からとってきた酵母を使い仕込んだお酒です。奈良女子大と共同開発した、ヒット商品です。

裏面:正倉院の宝物をあしらったデザイン

この開発担当者が私の友人で、たまたまクーカルのフラワーフェスタで一緒だったため、買って帰りました。

たしなむ程度であまり飲むわけではありませんが、私自身、お酒には縁があります。

まず、私の先祖が、江戸時代まで造り酒屋を営んでいたそうです。それなりに繁盛していたと聞いています。

それから、私たちは、シイタケ栽培をスタートする前は「種麹」を製造販売していました。「種麹」は、お酒づくりの原料になる「コウジ菌」。私の祖父は、種麹・事業の一貫で、酒造りの講習会を開いていたそうです。

さらに、私が大学時代に所属していた研究室も、発酵食品がベースになっていました。学生実験でお酒造りもやりましたし、遊びで変わったお酒をつくったりもしてました。

そういう所縁もあり、春鹿さんの「奈良・八重桜プロジェクト」は、私にとっても興味深いです。

春鹿さんには、ハナビラタケについても料理屋さんを紹介してもらったり、イベントをご一緒したり、お世話になっています。これからも、コラボしていければと思います。

ハナビラタケ・キャンペーンをやります

来週末から再来週にかけて、ハナビラタケのキャンペーンを行います。
今まで、「はなびらたけパウダー」「はなびらたけカプセル」を購入いただいた皆さまに、もれなく生ハナビラタケをプレゼントする企画です。
         
もちろん、お送りするのは奈良・三輪山で見つけた「やまと花びらたけ」。今まで、プロのシェフなど、限定的にしかお届けしていなかったものを、日頃の感謝をこめて、お送りすることにいたしました。
          

      
今まで購入いただいた全ての皆さま、となると、それなりの人数になるので、来週から準備にとりかかります。
        
ハナビラタケにはじめて出会ったのが、約15年前の今頃。自然界では、ハナビラタケ・シーズンでもあるので、それにあわせてお届けします。

Tollと自然免疫について

今日は、ちょっとマニアック・専門的なお話。ノーベル賞を受賞した「Toll」について、かいつまんでご紹介します。

Tollは、主に小腸の表面に、芽を出すようにしている物質。細菌や真菌類(カビ・酵母・きのこ)などのある成分とくっつくと、反応します。

例えば、ハナビラタケにも含まれる、「キチン」という成分に反応するTollがあります。こういった、外からやってきた侵入者かもしれない(!?)ものの成分を目印に、Tollは「センサー」の役割を果たしているということができます。

「Toll」=「センサー」にひっかかった菌類は、「自然免疫」というシステムにより、免疫細胞から攻撃をうけます。

私たちからすると、侵入者への第一の防御ということになります。

このメカニズムは、とても複雑。わかっていないことが多々あります。

私は、学生時代、「分子応答機構学」という研究室に属していました。なんともモノモノしい講座名ですが、、このTollの関係のように、生き物同士・細胞間の物質のコミュニケーションを研究していたのです。

今取りくんでいる、βグルカン(ベータグルカン)もそうですが、Tollのことなど、とても興味深いです。

ハナビラタケ料理 志賀直哉旧居&クイーンアリス

10月22日〜11月13日、「奈良フードフェスティバル2011」が開催されます。

場所は、志賀直哉旧居と、フレンチの料理の鉄人・石鍋シェフがオーナーのクイーン・アリス・シルクロード

ハナビラタケを食材として使っていただきます。

イベントの運営組織「クーカル」さんは、

「食いものはうまい物のない所だ。(『志賀直哉随筆集 〜奈良』岩波文庫刊)」という言葉を残した文豪・志賀直哉にちなみ、テーマを

「拝啓 志賀直哉様 おいしい奈良、できました。」とされたそうです。

県内外から一流シェフが集い、奈良食材を中心につかって腕をふるわれます。私たちの「やまと花びらたけ」もその一つに選ばれました。

ハナビラタケ料理が出される日に、私も出席したいと思っています。

きのこや酵母にとってのベータグルカン

私たち人間の健康に寄与してくれる、βグルカン(ベータグルカン)。ハナビラタケの40%以上を占める成分です。
    
少し視点を変えて、ベータグルカンを含む生きもの・きのこやパン酵母にとって、ベータグルカンはどういう役割を果たしているのでしょうか?
        
ベータグルカンは、きのこや酵母の「細胞壁」に含まれます。細胞壁とは、人間の皮膚のようなもので、きのこや酵母のまわりを覆っています。
       
その役割は、柔軟性を維持しながら外部環境の防御壁になること、保湿性を高めること、あたりでしょう。
ベータグルカンは、柔らかいけれども安定した物性で、バツグンの保水力を持っています。保水力は、化粧水などで使われる「ヒアルロン酸」以上、と言われているほど。
     
私たち人間におきかえると、きのこや酵母にとってのベータグルカンは、皮膚の重要成分「コラーゲン」のようなものなのかもしれません。
        
一流シェフに評価される、ハナビラタケ特有の食感・歯切れのよさ。豊富に含まれるベータグルカンによるものだといえそうです。

週刊ポストにハナビラタケ掲載されました

「週刊ポスト」最新号に、私たちのハナビラタケが掲載されました。冒頭のカラーページに、一流シェフに調理していただいた記事・写真がのっています。
          
シェフと記者にお任せしていたので、どういう料理にしていただくのか、私も知らなかったのですが、「やまと花びらたけ・つぼみ」のローストとか、インパクトがあって驚きました。
ハナビラタケのロースト、試してみたいと思います。

ハナビラタケ ミシェラン掲載店

ミシェラン関西版の発表があり、奈良のお店がはじめて掲載されるようですね。
発売前ということで詳しいことはわからないのですが、報道を見るかぎり、ハナビラタケを食材として使っているお店では「イ・ルンガ」さんが掲載されるようです。
       
昨日お伝えした、週刊ポストの記事になっていた「ル・マンジュ・トゥー」さんも4年連続ミシェラン2つ星だそうですね。
     
ハナビラタケを使っていただきながら、ミシェランに掲載されているようなお店に、実はあまり客として行ったことがありません。ただ、一流のシェフの方々は、やはり違うなあ、と接する中でいつも感じています。


ル・マンジュ・トゥーの谷オーナーシェフは、ハナビラタケのツボミを4時間以上かけてローストされたそうです。そうすると、水分が飛んで半分以下のサイズに凝縮され、香ばしさが出てくるとのことです。
        
谷シェフいわく、「技術は食材を越えられない。ただし、食材を生かすのは技術のみ。」
何とも含蓄のあるお言葉です。

ハナビラタケで鍋しました

昨日の晩ごはんに、ハナビラタケを具材に鍋をしました。

ハナビラタケ・原木ヒラタケ・シメジなど、きのこ類と魚介をミックスした鍋です。

ハナビラタケはもちろん、原木ヒラタケなんかも自前きのこ。「はなびらたけパウダー」も加え、なかなか良いダシが出ていて、美味しかったです。

       

ところで、きのこを煮出すような料理をすると、少しトロミがつくことがあります。昨日の鍋も、煮汁がトロッとしていました。

このトロミの正体、実は「βグルカン(ベータグルカン)」を主としています。

      

以前、東京農大と共同研究をしていたときに、ハナビラタケをじっくり煮込んだら、どれくらいベータグルカンが煮汁に出てくるのか、実験したことがあります。結果は、それほど多くありませんが、やはりベータグルカンが少し溶けだしてくる、というものでした。

        

こういう溶けだしてくるベータグルカンは、とても体に良さそうに思いますが、最新の研究報告をみていると、きのこをそのまま丸ごと砕いた方が、健康効果は期待できるようです。

煮込むことで、ベータグルカンが水溶性となって出てくるものの、「水溶性ベータグルカン」よりも「菌のカタマリそのまま砕いたベータグルカン」の方が、ヘルシーだそうです。

これは、まさに「はなびらたけパウダー」の良さを裏付けているし、科学論文の論理の組みたての正しさから、私も納得しています。

       

話がマニアックな方向に脱線してしまいましたね。。

いずれにしても、ハナビラタケは、鍋にもおススメの食材です。

ハナビラタケ・リゾット

昨日は、「ハナビラタケ入りきのこ・リゾット」にチャレンジしました。たまたまですが、このところ、料理のお話が続いていますね。。
     

リゾット作りは初めてだったものの、我ながら美味しくできたと思います。
具材は、ハナビラタケ・シメジ・原木ヒラタケ・エノキ・マイタケ・タマネギ。隠し味にはなびらたけパウダーを使いました。
        
ハナビラタケ+リゾットについては、地元の城下町のお米屋さんに「相性いいよ!」と聞いてました。モリカ米店さんという、江戸時代から代々続けられているお米屋さんです。
     
次は、奈良県産の「古代米」を使ったリゾットにも挑戦しようと思います。

ベータグルカンとタンパク質・アミノ酸

βグルカン(ベータグルカン)と併せて、タンパク質をとっていただくと、より健康にプラスとなります。
その中でも、「グルタミン」「アルギニン」という2種のアミノ酸が大切です。
      
タンパク質は、何百・何千ものアミノ酸が連なってできています。20種ほどのアミノ酸が、タンパク質を構成していますが、ベータグルカンと相乗効果を発揮するものは、「グルタミン」「アルギニン」の2種、というわけです。
          
自然食品の取りあわせで言うと、「ベータグルカンハナビラタケ」と「アミノ酸=大豆」が良いということで、ご紹介してきました。「大豆イソフラボン」という成分もハナビラタケ・ベータグルカンと相性がバツグンと研究報告されており、ハナビラタケ+大豆はオススメです。
       
ただ、「はなびらたけパウダー」のお客さまの中には、健康状態が特に悪い方もいらっしゃいます。満足に食事をとることができない方もいらっしゃるため、そういう方には、「グルタミン」「アルギニン」の粉末を無料で差し上げることにしています。もし、すでに「はなびらたけパウダー」を続けていただいていて、この2種のアミノ酸も併せて試したいという方は、遠慮なくおっしゃっていただければと思います。

上京します

今日・明日は、東京に出張します。ハナビラタケやβグルカン(ベータグルカン)、きのこ素材の提案など、が目的です。

スケジュールが詰まっていますが、何か気づいたことがあればご報告しますね。

ベータグルカンの海外事情

昨日から東京出張中です。

中国などで活躍されている方とお会いしたのですが、「βグルカン(ベータグルカン)」の海外での注目度が高くなっていると改めて感じました。

     

ベータグルカンは、もともと、欧米で研究が進んでいます。アメリカやドイツなどでは、広く一般にも知られているそうです。

日本では、きのこ栽培の技術が世界でもっとも進んでいることもあり、きのこ・ベータグルカンについて、随分と知られてきました。

        

中国を筆頭にアジア圏でも、きのこ=ヘルシー、ということが認知されており、その主成分のベータグルカンに注目が集まっているのでしょう。特に、やはり漢方が根づいている中国はベータグルカンへの関心が特に高いようです。

       

ベータグルカンが知られるにつれ、ハナビラタケも海外からの問い合わせが増えてきています。高いベータグルカン含量はもちろん、ハナビラタケの美しさや食材としての魅力も注目されるポイントのようです。

奈良に戻りました

昨晩、東京から奈良に戻りました。
          
現在、ハナビラタケベータグルカンのことをはじめ、いろいろな案件が進行中で、東京滞在中はもちろん、奈良にもどってからも、しばらく予定がたてこんでいます。
スピーディに取り組まなければならないものの、一つ一つ、腰をすえて真摯に対応していこうと思っています。
        
前回上京したのは6月でした。その頃にくらべると、ずいぶんと活気が戻ってきたような気がします。人の表情や街のにぎわいが明るくなり、うれしく思いました。

きのこ探索プロジェクト

昨日、きのこ探索に行ってきました。

ハナビラタケと同様に、地元の天然きのこを探し、栽培研究をおこない、メーカーや職人の方々とコラボして新製品開発にとりくむ、というプロジェクトを進めています。そのプロジェクトのコラボ先の方と一緒に、山に入りました。

  

幾つか、きのこを見つけましたが、使えるかどうか、研究はまだまだこれからです。

現在、研究中のきのこもたくさんあるので、ハナビラタケに続くシリーズ製品を作っていければと思っています。

           

奈良フードフェスティバル、ハナビラタケ登場

10月22日からスタートした「奈良フードフェスティバル2011」。いよいよ、明日からハナビラタケが登場します。
        
腕をふるっていただくのは、29〜30日の有馬シェフ、30〜31日の谷シェフ、11月6日の佐々木料理人、12〜13日の音羽シェフ、の予定です。
いずれも、トップクラスの超一流の方々。ハナビラタケがどのように調理されるのか、本当に楽しみです。

ページトップへ