カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカンの歴史について

βグルカン(ベータグルカン)は、アメリカを中心に古くから研究されていた成分です。

研究報告として残っているものでいうと、1941年に酵母から抽出され、「ザイモサン」と名づけられたベータグルカンが挙げられます。

その後、1960年に「β1,3-グルカン」と呼ばれるようになりました。

日本においては、シイタケ由来の「レンチナン」、カワラタケの「クレスチン」、スエヒロタケの「ソニフィラン」といった、きのこ・ベータグルカンが1980年代半ば以降、相次いで使われるようになりました。

今も、毎年、何百にものぼる研究報告がなされているベータグルカン。

私たちも、ハナビラタケのベータグルカンについて、成果発表を行う予定です。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100007462&eid=79