カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

エリンギの由来

週末、鉄板焼きの具材に、エリンギを使いました。

エリンギは、個人的にも好きなきのこの一つです。

繊維質の食感と、カタチがいいなあと思います。

 

ところで、このエリンギ、ヨーロッパ出身であることをご存知ですか?

もともと、日本には自生しておらず、地中海周辺などに生えているきのこです。

私たち日本人が、エリンギを食べはじめてから、まだ20年もたっていないと思いますが、いまや、どのスーパーでもみかけるようになりましたね。

 

日本には、ある研究者によって持ちこまれ、はじめは「かおりひらたけ」「みやましめじ」「白あわび茸」など、違う名前がつけられたそうです。

 

「エリンギ」という名は、「エリンギウム」という植物からきています。

ヨーロッパで、エリンギがエサにしている植物だそうです。

 

ストーリーがあって、語呂もよく、いいネーミングですね。

味やカタチはもちろん、名前もよかったから、これだけ短期間でヒットしたのかもしれませんね。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100007462&eid=72