カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハナビラタケ“幻のきのこ”との出会い

古代から神が住むとされる「奈良・三輪山」。

 

1995年秋、

その麓で、みたことがない、白く美しいきのこをみつけました。

もちかえって調べてみると、希少性から“幻のきのこ”と呼ばれる「ハナビラタケ」であることがわかりました。

 

さらに、フランス料理の高級食材でもあるとのこと。

実際に、ソテーして食べてみると、香ばしくて歯ぎれのある食感。

たしかに、どことなく、フランスを感じさせるきのこです。

 

「これは面白い!」

さっそく、興味をもって研究にとりかかることにしました。

 

まずは、ハナビラタケの菌をとりだすことからスタートです。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100007462&eid=4