カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン(βグルカン)比較 ハナビラタケ・霊芝・チャーガ等

Q:
ハナビラタケ以外にも、鹿角霊芝、チャーガなど、ベータグルカン(βグルカン)含有量が40%以上、という記述を目にしましたが、どれが良いのでしょうか?
          
A:
ベータグルカン(βグルカン)含有量が40%以上のキノコは、今のところ、ハナビラタケのみです。
私たちは、きのこ種菌メーカーとして、鹿角霊芝やチャーガも研究していますが、有効なベータグルカン含有量は、さほど多くありません。(実際、東京農大との共同研究で含量を比較しました。)
        
鹿角霊芝やチャーガ(カバノアナタケ)が悪い、というわけではなく、ベータグルカン量の測定には、ごまかしがきいてしまうことが問題です。
          
ベータグルカンについて、ハナビラタケは、質(構造)・量ともに一番、といえるキノコです。