カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ハナビラタケ ベータグルカン(βグルカン)の構造

Q:
ベータグルカン(βグルカン)について、「β(1,3)結合がよい」と聞きましたが、ハナビラタケのベータグルカンは、どのような構造ですか?
         
A:
ハナビラタケのベータグルカンは、β(1,3)結合をベースに、β(1,6)結合がほとよく枝分かれしたもの。
これは、理想的なベータグルカンとされている構造で、健康への寄与が期待できます。