カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン 鹿角霊芝⇔ハナビラタケ

奈良・柳生を散策中、おもしろいきのこを見つけました。
「鹿角霊芝」、その名のとおり、鹿の角のようなカタチをしています。
     
剣豪・柳生一族の地として知られるところで見つけ、奈良のシンボル「鹿」ということにも縁を感じ、持ち帰って菌を増やしました。
     
「鹿角霊芝」は、ベータグルカン(βグルカン)豊富なきのこ、とされています。霊芝の種類の中で、比較的ベータグルカン含量が多いようですね。
       
    
ベータグルカンの豊富さ、奈良の歴史ある地で見つけたという経緯、私たちにとって、「ハナビラタケ」「鹿角霊芝」は共通項があります。
      
そうは言っても、ベータグルカン素材としての優位性は、やはりハナビラタケです。