カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン比較 チャーガ⇔ハナビラタケ

主にロシアの白樺に生えるきのこ「チャーガ」。和名「カバノアナタケ」としても知られています。

       

チャーガもベータグルカン(βグルカン)含有量が多いきのこ。

ロシアの文豪ソルジェニーツィンの小説「ガン病棟」にも出てきます。

      

チャーガのベータグルカン含有量は、一部で55g/100gなどと表記されていますが、誤りでしょうね。

私が、東京農大でチャーガのベータグルカン量を測定したときは、10〜15%でした。ある程度、品種間の差があるとは思うものの、55%は考えられない数値です。

       

そういうわけで、ベータグルカンについては、ハナビラタケがチャーガを上回るでしょう。

ただ、チャーガでよく言われる「抗酸化力」については、私も測定しましたが、高い数値でした。

      

チャーガは、ハナビラタケとは異なる特徴をもつきのこ、と言えそうです。