カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

水溶性ベータグルカン⇔不溶性ベータグルカン 比較

黒酵母ベータグルカンと、ハナビラタケ等・それ以外のベータグルカン素材を比較する際、「水溶性ベータグルカン」VS「細胞壁(不溶性)ベータグルカン」という構図になりがちです。

         

そして、「水溶性ベータグルカン」が「細胞壁ベータグルカン」よりも優れている、ということが言われる傾向にありました。

      

ところが、最近になって

 細胞壁ベータグルカン>水溶性ベータグルカン

という研究報告も出てきています。

       

このことは、物性の違いによるものか、

細胞壁=ベータグルカン+その他の成分、水溶性=純粋なベータグルカン、という相乗効果によるものか、

まだはっきりしていません。

     

今後の研究が待たれるところですが、圧倒的な「価格のお得度」のみならず「有効性」においても、

 ハナビラタケ(細胞壁ベータグルカン)>黒酵母(水溶性ベータグルカン)

という報告が得られるかもしれませんね。