カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン比較 黒酵母⇔ハナビラタケ

黒酵母(オーレオ・バシジウム)は、ユニークなベータグルカン(βグルカン)の作り方をします。

細胞の外にベータグルカンを排出するのです。そして、黒酵母ベータグルカンは、「水溶性」であることも特徴的といえるでしょう。

      

それに対して、ハナビラタケをはじめ、その他のベータグルカン素材は、菌類の「細胞壁」に由来するものがほとんど。「細胞壁」型のベータグルカンは、「不溶性」です。

         

それでは、2回に分けて、黒酵母VSハナビラタケでベータグルカンの比較を行います。

        

まずは、「ベータグルカンあたりの価格」。これは比較にならない程、ハナビラタケの方が黒酵母ベータグルカンより安価です。

黒酵母ベータグルカンが高価な理由は、収量が少なく、精製するのにも高いコストがかかるためでしょう。

     

いずれにしても、「価格のお得度」について、ハナビラタケに軍配が上がります。