カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン パン酵母⇔ハナビラタケ 第3ラウンド

ベータグルカン(βグルカン)素材として、パン酵母とハナビラタケの比較シリーズ、第3ラウンドです。

       

テーマは、「ベータグルカンの構造」について。

ベータグルカンは、構造により、効果に差があると考えられています。最も有効とされるのが、「β(1,3)(1,6)結合」といわれるベータグルカン(βグルカン)。

ハナビラタケもパン酵母も、この理想的なベータグルカン構造をとっています。(※細かい点では、枝分かれの仕方や立体構造で相違があります。)

       

両者とも、「ベータグルカンの構造」は優秀、勝負はドローと言えそうですね。