カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン比較 アガリクスの多様性

アガリクスは、製品により価格や成分がピンキリです。

どうして、こういうことが起こるのでしょうか?

これは、きのこ全般に言える、「多様性」ということがあるのでしょう。

育つ環境、エサとなる培地、品種、製品化する部位、によって、成分内容や生産コストが変わってくるためです。

アガリクスについては、ベータグルカン(βグルカン)が有効成分ではないため、ハナビラタケのようにベータグルカン含有量で判断することができません。

そうなると、専門家でも、どのアガリクス製品が良いか、選ぶのが難しいところです。

この点も、アガリクスを一押しできない理由になっています。