カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

「ためしてガッテン」きのこパワー(2011年11月9日放送)

昨日(2011年11月9日)放送された「ためしてガッテン」できのこのことが紹介されていました。
   
番組でポイントになっていたのは、「きのこ黄金の4鉄則」。
・きのこパワー全開、健康ワザ
・うまさ段違い、加熱ワザ
・ウマ甘に大変身、冷凍ワザ
・シェフ脱帽、鍋ワザ
    
きのこを細かく砕いて毎日食べることにより、中性脂肪やコレステロール値が下がること。
きのこを煮るときは、火にかける前に水にきのこを漬けておいてから、昇温するとより旨味がでてくること。
エノキやエリンギなど、「肢」の部分を食べるきのこは、冷凍することで美味しさがアップすること。
乾燥きのこを鍋につかうと、ダシの出方と食感がよいこと。
     
さすがはNHKさん、とてもおもしろい内容でした。
     
    
この4つのポイント、ハナビラタケでも実践しています。
はなびらたけパウダーで、細かく砕き、健康パワーをアップさせているのが一つ。細かく砕くことで、ベータグルカン(βグルカン)も、より理想的な状態になります。

「ハナビラタケ・つぼみ」から旨味を取り出すときは、低温から少しずつ熱をかけていく、というのが2つめ。

さらに、レストランで「ハナビラタケ・つぼみ」を使うときに、冷凍解凍で美味しくなる、とシェフにアドバイスされたことも。
最後の4つめ、「はなびらたけパウダー」もそうですが、ハナビラタケは、乾燥したものの方がよいダシがでるということ。

     
このあたりことは、私たちも、ハナビラタケ以外のきのこを含めて、奈良女子大学などと研究中。
研究成果や、それから生まれる製品を、おってご報告する予定です。    

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100007462&eid=225