カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

霊芝のベータグルカン

霊芝は、漢方薬の素材として、中華民族で知らない人はいない程のきのこ。
霊芝といっても、様々な種類があります。私たち日本人が、「サルノコシカケ」「マンネンタケ」と呼んでいるものも、霊芝の仲間です。
        

        
霊芝の種類にもよりますが、βグルカン(ベータグルカン)は、きのこの中で、それほど際立って多いわけではありません。 ベータグルカンを含め、他の成分とあわせて一定の評価をえているのでしょう。

            
       
     
私たちも、いくつかの種類の霊芝をとりあつかっています。中でも愛着をもっているのは、奈良・柳生の里でみつけた「鹿角霊芝」です。
名前のとおり、「鹿の角」のような形です。地元・奈良のシンボル「鹿」つながりで、「鹿角霊芝」に興味をもたれる方がいらっしゃいます。

       
        
いずれにしても、私たちにとっての一番おすすめは、「ハナビラタケ」であることに違いありません。