カートをみる お得・便利な会員様ページ ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

ベータグルカン比較 アガリクス⇔ハナビラタケ

ベータグルカン(βグルカン)素材として、注目を集めてきたアガリクス。

でも、アガリクスのベータグルカンには、科学的な有効性がない、ということも報告されるようになりました。

それでは、アガリクスは効果のない、怪しいだけの素材なのでしょうか?

そういうわけではありません。

アガリクスのベータグルカン自体は、有効なタイプではないものの、他の複数成分により効果を発揮している、と考えられています。

そのため、ベータグルカンが最大の特徴とされる、ハナビラタケとアガリクスの比較は難しいと言えそうですね。

私たちは、ハナビラタケのみならず、他の各きのこも生産してきました。

アガリクスも、粉末サプリとして販売しています。

個人差があるのあるのかもしれないものの、アガリクスよりハナビラタケの方が、続けていただいている皆さまからの評判は高いことを実感しています。

その事実から、ハナビラタケをお勧めしている次第です。

ベータグルカン比較 アガリクスの多様性

アガリクスは、製品により価格や成分がピンキリです。

どうして、こういうことが起こるのでしょうか?

これは、きのこ全般に言える、「多様性」ということがあるのでしょう。

育つ環境、エサとなる培地、品種、製品化する部位、によって、成分内容や生産コストが変わってくるためです。

アガリクスについては、ベータグルカン(βグルカン)が有効成分ではないため、ハナビラタケのようにベータグルカン含有量で判断することができません。

そうなると、専門家でも、どのアガリクス製品が良いか、選ぶのが難しいところです。

この点も、アガリクスを一押しできない理由になっています。

ベータグルカン(βグルカン)素材 マイタケ⇔ハナビラタケ

いまや、どのスーパーでも見かけるようになった、マイタケ。

マイタケもベータグルカン(βグルカン)が豊富なきのこです。

      

ハナビラタケとマイタケの共通項は、ベータグルカン含量の多さ、にとどまりません。ともに、かつては「幻のきのこ」と呼ばれていました。それだけ、両者の天然種は希少ということですね。

      

さて、ベータグルカン素材として、ハナビラタケとマイタケを比較すると、どのような差があるでしょうか?

      

ベータグルカン含有量でいうと、ハナビラタケはマイタケの2倍以上。

ハナビラタケに軍配が上がりそうですね。

ベータグルカン素材 パン酵母⇔ハナビラタケ

ベータグルカン(βグルカン)素材として、欧米でもっとも広く認知されているのが、パン酵母です。パンを発酵させる微生物、イースト菌として、私たちにとって身近な生き物ですね。

      

パン酵母に含まれるベータグルカン含有量は、ハナビラタケの1/2以下。「マンナン」と呼ばれる成分が細胞をおおい、ベータグルカンはそれほど多くない構成ですね。

       

パン酵母に含まれるベータグルカンを有効に、そして高含量にするためには、「マンナン」などの余計な成分を除かなければいけません。

余計な成分を除く処理として、アルコール抽出・アルカリ抽出・酵素処理、などが行われます。

対して、ハナビラタケは、これら抽出処理を行う必要がありません。

      

ベータグルカン素材として、パン酵母とハナビラタケの違いは、このあたりが大きいですね。

「天然そのまま丸ごと」「安全性」という点で、ハナビラタケが優れています。

ベータグルカン パン酵母⇔ハナビラタケ 第2ラウンド

ベータグルカン(βグルカン)素材の比較、パン酵母VSハナビラタケ、第2ラウンドです。

         

「価格」について見てみましょう。

      

元々、「パン酵母ベータグルカンは、安い」「ハナビラタケは高価」とされていました。実際、各商品をチェックすると、ハナビラタケは高いものがほとんどで、パン酵母の方がかなり安価な設定でした。

     

でも、「はなびらたけパウダー」だけは違います。

ベータグルカンあたりの価格で、どのパン酵母ベータグルカンよりも、「はなびらたけパウダー」は安価にお届けしているのです。

つまり、「価格」においても、はなびらたけパウダーはパン酵母よりも優秀、ということですね。

ベータグルカン パン酵母⇔ハナビラタケ 第3ラウンド

ベータグルカン(βグルカン)素材として、パン酵母とハナビラタケの比較シリーズ、第3ラウンドです。

       

テーマは、「ベータグルカンの構造」について。

ベータグルカンは、構造により、効果に差があると考えられています。最も有効とされるのが、「β(1,3)(1,6)結合」といわれるベータグルカン(βグルカン)。

ハナビラタケもパン酵母も、この理想的なベータグルカン構造をとっています。(※細かい点では、枝分かれの仕方や立体構造で相違があります。)

       

両者とも、「ベータグルカンの構造」は優秀、勝負はドローと言えそうですね。

ベータグルカン パン酵母⇔ハナビラタケ 第4ラウンド

ベータグルカン(βグルカン)素材の比較、ハナビラタケVSパン酵母・シリーズ、いよいよ最終回。

「ベータグルカン含有率」に関連した話題です。

       

ハナビラタケのベータグルカン含有率は、40%超。

対して、パン酵母は10〜20%程。ですが、化学的な抽出処理をおこない、80%以上まで高含量のベータグルカンに仕上げたものもあります。

そういうわけで、「ベータグルカン含有率」については、ハナビラタケよりパン酵母が上回ります。

       

しかし、パン酵母は、処理工程により「安全性」を犠牲にしていることと合わせ、もう1点、気になることがあります。

       

ベータグルカン以外の有効成分」についてです。

抽出処理により、菌類がもつベータグルカンその他成分がカットされていると考えられます。

それに対し、ハナビラタケは、十分な「ベータグルカン含有率」に加え、全成分・丸ごと100%そのまま粉末化。

       

「天然・安全性」はもちろん、「ベータグルカン含有率・プラス・アルファ」を考えると、ハナビラタケの優位性が見えてきます。

ベータグルカン パン酵母⇔ハナビラタケ まとめ

パン酵母とハナビラタケは、ベータグルカン(βグルカン)素材として、1位・2位を争うような関係にあると思います。

フラットな視点で比較するため、切り口を4回に分けて、ご紹介しました。長くなったため、まとめておきますね。

      

<パン酵母VSハナビラタケ ベータグルカン比較・まとめ>

1)ハナビラタケには、「安全性」「天然そのまま」という優位性

  (パン酵母は、化学抽出処理を実施)

    

2)「ベータグルカンあたり価格」で、はなびらたけパウダーがナンバーワン(☆最お得☆)

     

3)「ベータグルカンの構造」は、パン酵母・ハナビラタケともに優良

     

4)「ベータグルカン含有率」でパン酵母が上回るが、ハナビラタケには「十分なベータグルカン含有率 + その他天然有効成分」という魅力がある

       

これら4点から、ハナビラタケはパン酵母よりも、お勧めできるベータグルカン素材です。

ベータグルカン比較 黒酵母⇔ハナビラタケ

黒酵母(オーレオ・バシジウム)は、ユニークなベータグルカン(βグルカン)の作り方をします。

細胞の外にベータグルカンを排出するのです。そして、黒酵母ベータグルカンは、「水溶性」であることも特徴的といえるでしょう。

      

それに対して、ハナビラタケをはじめ、その他のベータグルカン素材は、菌類の「細胞壁」に由来するものがほとんど。「細胞壁」型のベータグルカンは、「不溶性」です。

         

それでは、2回に分けて、黒酵母VSハナビラタケでベータグルカンの比較を行います。

        

まずは、「ベータグルカンあたりの価格」。これは比較にならない程、ハナビラタケの方が黒酵母ベータグルカンより安価です。

黒酵母ベータグルカンが高価な理由は、収量が少なく、精製するのにも高いコストがかかるためでしょう。

     

いずれにしても、「価格のお得度」について、ハナビラタケに軍配が上がります。

水溶性ベータグルカン⇔不溶性ベータグルカン 比較

黒酵母ベータグルカンと、ハナビラタケ等・それ以外のベータグルカン素材を比較する際、「水溶性ベータグルカン」VS「細胞壁(不溶性)ベータグルカン」という構図になりがちです。

         

そして、「水溶性ベータグルカン」が「細胞壁ベータグルカン」よりも優れている、ということが言われる傾向にありました。

      

ところが、最近になって

 細胞壁ベータグルカン>水溶性ベータグルカン

という研究報告も出てきています。

       

このことは、物性の違いによるものか、

細胞壁=ベータグルカン+その他の成分、水溶性=純粋なベータグルカン、という相乗効果によるものか、

まだはっきりしていません。

     

今後の研究が待たれるところですが、圧倒的な「価格のお得度」のみならず「有効性」においても、

 ハナビラタケ(細胞壁ベータグルカン)>黒酵母(水溶性ベータグルカン)

という報告が得られるかもしれませんね。

ベータグルカン比較 チャーガ⇔ハナビラタケ

主にロシアの白樺に生えるきのこ「チャーガ」。和名「カバノアナタケ」としても知られています。

       

チャーガもベータグルカン(βグルカン)含有量が多いきのこ。

ロシアの文豪ソルジェニーツィンの小説「ガン病棟」にも出てきます。

      

チャーガのベータグルカン含有量は、一部で55g/100gなどと表記されていますが、誤りでしょうね。

私が、東京農大でチャーガのベータグルカン量を測定したときは、10〜15%でした。ある程度、品種間の差があるとは思うものの、55%は考えられない数値です。

       

そういうわけで、ベータグルカンについては、ハナビラタケがチャーガを上回るでしょう。

ただ、チャーガでよく言われる「抗酸化力」については、私も測定しましたが、高い数値でした。

      

チャーガは、ハナビラタケとは異なる特徴をもつきのこ、と言えそうです。

ベータグルカン 霊芝⇔ハナビラタケ

「霊芝」は、漢方として広く中華4千年の社会に根づいている素材です。

      

近年になり、科学的な研究もされるようになり、効果の秘密が明らかになりつつあります。

その一つが、「ベータグルカン(βグルカン)」。

          

「霊芝」には、いろいろな種類があります。

山野を歩くと、枯れ木に霊芝の仲間たちを見つけることができるでしょう。私たち日本人にとっては、「マンネンタケ」「カワラタケ」などと呼ばれるものも含み、意外と身近なものです。

        

霊芝のベータグルカン自体は、含量など、さほど特筆するものではありません。もちろん、ハナビラタケが優っています。

      

ただ、アガリクスなどにも言えることですが、ハナビラタケにはない、ベータグルカン以外の有効成分も霊芝に含まれています。

      

実は、私たちも、霊芝を生産しています。でも、お客さまからの評判がよいのも、霊芝よりもハナビラタケ

やっぱり、ハナビラタケの方がお勧めです。

ベータグルカン 鹿角霊芝⇔ハナビラタケ

奈良・柳生を散策中、おもしろいきのこを見つけました。
「鹿角霊芝」、その名のとおり、鹿の角のようなカタチをしています。
     
剣豪・柳生一族の地として知られるところで見つけ、奈良のシンボル「鹿」ということにも縁を感じ、持ち帰って菌を増やしました。
     
「鹿角霊芝」は、ベータグルカン(βグルカン)豊富なきのこ、とされています。霊芝の種類の中で、比較的ベータグルカン含量が多いようですね。
       
    
ベータグルカンの豊富さ、奈良の歴史ある地で見つけたという経緯、私たちにとって、「ハナビラタケ」「鹿角霊芝」は共通項があります。
      
そうは言っても、ベータグルカン素材としての優位性は、やはりハナビラタケです。

ベータグルカン タモギタケ⇔ハナビラタケ

「黄」の色合いと、それなりの味わいがある「タモギタケ」。ベータグルカン(βグルカン)が豊富なきのこです。
    
含まれるベータグルカン率は、約20%。きのこの中でも多い含量です。
     
それでも、ハナビラタケと比べると1/2量。ベータグルカン豊富とされているタモギタケも、ハナビラタケには及びません。
       
ただ、メリットもあります。
タモギタケは、比較的、栽培が容易なきのこ。生産コストが安くすみます。そのため、安価に販売できる・・・はず、ですが、それなりに高価な商品が多いですね。
       
このあたりが、きのこサプリ・健康食品の問題となる部分です。

ベータグルカン メシマコブ⇔ハナビラタケ

韓国で医薬品になっているきのこ「メシマコブ」。日本では「サルノコシカケ」と呼ばれ、「霊芝」の一種でもあります。
     
有効成分は、やはり「ベータグルカン(βグルカン)」。
メシマコブも、ベータグルカンについては、ハナビラタケに及びません。
       
私たちも、「サルノコシカケ」として、ずいぶん前に生産していました。でも、ベータグルカン量はもちろん、お客さまの声からも、ハナビラタケをお勧めしている状況です。

ベータグルカン シイタケ⇔ハナビラタケ

シイタケが医薬品認定を受けている、とご存知ですか?
    
「レンチナン」という名前で販売されています。
    
その「レンチナン」の主成分が、ベータグルカン(βグルカン)。シイタケから抽出されたものです。
      
    
シイタケは、私たちにとっても思い入れがあります。
「周年栽培」といって、フルシーズンで栽培する技術は、私たちが開発したものです。
       
シイタケと比べても、ハナビラタケには3〜4倍のベータグルカンが含まれています。
      
ハナビラタケは、ベータグルカン含量でナンバーワンの素材。きのこ類はもちろん、すべての生物素材の中でも、トップのベータグルカン含有量をほこっています。

ベータグルカン比較 大麦・ハナビラタケ

「麦ごはん」などで親しまれる、「大麦」もベータグルカン(βグルカン)素材の一つです。
        
ハナビラタケやパン酵母ベータグルカンと「大麦ベータグルカン」の違いは、ベータグルカンの結合タイプにあります。
          
●ハナビラタケ&パン酵母ベータグルカン:β(1,3)(1,6)ベータグルカン(主にβ(1,3)結合)
     
●大麦ベータグルカン:β(1,4)グルカン
         
そういうわけで、大麦ベータグルカンについては、食物繊維やダイエットとしての扱いがメインとなっているようです。
ハナビラタケやパン酵母ベータグルカンとは、用途が少し異なるということですね。

ベータグルカン比較 麹(こうじ)・ハナビラタケ

このところ、何かと話題になっている「塩麹」。麹(こうじ)菌というカビを使った発酵調味料として注目されていますね。
麹は、味噌・醤油・お酒など、日本伝統の発酵食品でつかわれている菌でもあります。
        
そして、この「麹菌」にもベータグルカン(βグルカン)が含まれているのです。
        
麹菌は、きのこ・酵母とともに、「真菌類」というグループに分類される微生物。きのこや酵母に広くベータグルカンが含まれていることから、麹にもベータグルカンが存在することは、当たり前とも言えるかもしれません。
          
とは言っても、発酵食品や塩麹にふくまれるベータグルカン含有量は、さほど多くはないでしょう。ハナビラタケに及ばないことはもちろん、各種きのこ類に比べるとごくわずかと言えます。
「麹」関連・発酵食品のベータグルカンが少ないことは、菌体量がわずかであるためです。ほとんどが、発酵原料の麦や大豆の残渣だから、当然ですね。
             
麹・発酵食品のベータグルカンが、どれほど健康に関係しているのか、調べてみるのも面白いかもしれませんね。

ベータグルカン比較 植物のセルロース

セルロースもベータグルカン(βグルカン)の1種です。
       
セルロースは、あらゆる植物・樹木のメイン成分の一つ。紙なんかにも含まれている、丈夫な繊維質を構成するものとして知られています。  
食品としては、野菜などに含まれていますね。いわゆる食物繊維の一つです。
         
このセルロースが、ベータグルカンの1種とは、どういうことでしょうか?
セルロースも、ブドウ糖がβ結合で連なったかたちをしているからですね。ブドウ糖がβ結合で多糖類となったものは、広義にすべて「ベータグルカン(βグルカン)」と呼ばれているのです。
           
とはいえ、ハナビラタケのベータグルカンとセルロース性ベータグルカンは、まったくの別物。もちろん、セルロース性ベータグルカンも、食物繊維としてのヘルシーさはあるものの、ハナビラタケ・ベータグルカンのようにはいきません。

ベータグルカン比較 ハナビラタケ型とセルロース型

ベータグルカン(βグルカン)といっても、大きく分けて、ハナビラタケ型ベータグルカンとセルロース型ベータグルカンがあります。
これらは、性質が異なっても、広義では同じ「ベータグルカン(βグルカン)」。
           
やっかいなことに、これら2つのベータグルカンは、簡単な分析では区別がつきません。例えば、食品分析センターなど、食品業界ではもっとも信頼される研究機関であっても、ハナビラタケ型ベータグルカンとセルロース型ベータグルカンを区別して測定ができないのです。
            
もちろん、分析方法にこだれば、ハナビラタケ型ベータグルカンとセルロース型ベータグルカンを、区別して測定可能です。でも、そのためには、けっこうな手間と特殊装置・技術が必要。簡単ではありません。
             
現在、世の中の「ベータグルカン」数値は、ほとんどが食品分析センターの結果。(※ 私たちのはなびらたけパウダーは、東京農大との共同研究で区別した数値になっています。)
         
では、一般消費者は、どのようにして「ベータグルカン」値を判断すればよいのでしょうか?
これは商品の品質・信頼・数値の妥当さ、など、個々人で判断するしかないかもしれません。
           
例として、次の項で、ハナビラタケ・ベータグルカンの見分け方をご紹介します。

ベータグルカン比較 ハナビラタケ・βグルカンの見分け方

ハナビラタケのベータグルカン(βグルカン)含有量は、40%前後が適正値です。
私たちは、ハナビラタケの数多くの品種でテストを行いましたが、特別大きなベータグルカン量・差は出ませんでした。ベータグルカン量が多いハナビラタケ品種であっても、50%以上はありえないでしょう。
             
他社商品のなかに、ハナビラタケの特別品種だから、ベータグルカン含量60%以上、とうたっているものがあります。このベータグルカン値は、怪しいです。ハナビラタケにセルロースを混ぜて、食品分析センターに提出するだけで、「ベータグルカン高含量」というデータは自作自演で作れますからね。
          
同業者として、遺憾に思います。
         
ハナビラタケ・適正ベータグルカンの見分け方、については、絶対のものはありません。
私たちのはなびらたけパウダーのように、できればハナビラタケ100%、しかもサンプルから試せて確かにハナビラタケ風味がするもの、どこで作っているかわかるもの、それでいてベータグルカンを40%程度含んでいるもの。
そういう条件トータルで判断されることをお勧めします。

ベータグルカンとアルファグルカン(1)

グルカンには、ベータグルカン(βグルカン)とアルファグルカン(αグルカン)があります。これらの両グルカンには、どのような違いがあるのでしょうか?

まず、健康については、ベータグルカンでいろいろなことが知られています。アルファグルカンは、健康への寄与があまりないとされていました。
でも、最近の研究では、アルファグルカンにもベータグルカンと似たような健康効果が期待できるという報告も出てきています。

実は、ハナビラタケをはじめ、きのこ類には、ベータグルカンとアルファグルカン、両方が含まれています。

ベータグルカンとアルファグルカン(2)

ハナビラタケには、40%以上のベータグルカン(βグルカン)と約10%のアルファグルカン(αグルカン)が存在します。
両グルカンを合わせると、乾燥重量の半分を占めることになり、これは大変な数値ですね。

ハナビラタケに含まれるアルファグルカンは、「グリコーゲン」と呼ばれるものです。お菓子メーカー・江崎グリコ社の名前の由来でもある「グリコーゲン」ですね。
牡蠣や肝臓・筋肉に含まれている成分でもあります。

また、アガリクスの有効成分は、ベータグルカンではなくアルファグルカン系のもの、ということも言われ始めています。

ベータグルカンのみならず、グリコーゲンなどアルファグルカンも、これからの注目のハナビラタケ成分・きのこ成分と言えそうです。

ベータグルカンとアルファグルカン(3)

ベータグルカン(βグルカン)と共に、「グリコーゲン」のようなアルファグルカン(αグルカン)は、健康に寄与してくれるという報告が出てきています。

アルファグルカンといえば、「デンプン」も含まれます。ジャガイモやお米など、炭水化物の主成分ですね。これらは、もちろん、私たちにとって欠かすことができない栄養素。でも、ベータグルカンのような健康寄与とは、ちょっと違いますね。

そういうわけで、ハナビラタケなどキノコや酵母由来のベータグルカンと、グリコーゲンなどのアルファグルカン、の組み合わせが大切だと考えられます。